広 告
**************************************************************************************************


過去の時代を背景にして、カルト教団に姉妹を誘拐され、身代金を求められた主人公が、教団の総本山がある離島に乗り込むことに…!!といった筋書きを昨日(11月3日)、お伝えしたギャレス・エヴァンス監督の最新作「アポスル」は、インドネシアが舞台だった「ザ・レイド」シリーズとは違って、同監督の地元のイギリスで撮影を行うことから、映画の雰囲気が大きく変わるのでは…?!と憶測をしたわけですが、注目のワンマン・アーミーの主人公を演じる候補として、まさに野獣?!と言えそうなディズニー映画の実写版「美女と野獣」(2017年3月17日全米公開)の野獣役のダン・スティーヴンスが交渉中であることを、Variety のジャスティン・クロールがレポートしてくれました…!!、昨日の時点では、ギャレス・エヴァンス監督がイギリスで撮影したサムライ・バトルのショート・フィルムを長編に膨らませる “ 日本映画 ” なのか?!、ペンチャックシラットの使い手のイコ・ウワイスが引き続き、死闘を戦うのか?!と、様々な可能性が考えられましたが、見るからにイギリス人のダン・スティーヴンスが主演となれば、フツーに過去のイギリスが舞台の作品だろうと解釈できそうですし、格闘アクションよりも、カルト教団のミステリアスな実態を探るスリラー要素のほうが色濃いのかも…?!、使徒、伝道者といった意味のタイトルの「アポスル」は、来春2017年3月中にクランクインの見込みです…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。






【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...