**************************************************************************************************


ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」(2014年)の悪のヒロインのネビュラこと、カレン・ギランが主演をつとめた「オキュラス」(2014年)が、ホラー映画のジャンルにおいては、まずまずの高評価を受けたばかりか、超低予算の500万ドルの製作費に対して、全世界で約4,403万ドルを売り上げ、大きな黒字を計上したマイク・フラナガン監督の最新作「ビフォア・アイ・ウェイク」の予告編を、配給のレラティビティが初公開したので、チラとご覧ください…!!








前作「オキュラス」では、呪われた鏡を題材にして、過去と現在の時間軸を交錯させたマイク・フラナガン監督が、どうやら、お次は夢と現実を交錯させることにしたらしい最新作「ビフォア・アイ・ウェイク」が初公開した予告編です!!


「スーパーマン・リターンズ」(2006年)では、ヒロインのロイス・レインだったケイト・ボスワースが演じる妻ジェシーと、元パニッシャーのトーマス・ジェーンが扮する夫のマークは、幼い息子を失ったことから、その傷心のすき間を埋めるため、8歳の男の子を養子に引きとることにするのですが、子役のジェイコブ・トレンブレイ君が起用されたコーディは、なぜか?!、眠るのを恐れるのだった…。


…とのことで、死んだはずの息子が出現するなど不思議な現象に遭遇したことから、コーディが夢に見たことは現実になることを知った夫婦は、どうして、そのように奇妙なことが起こるのか?!、その現象の背景に隠された秘密を探っていくことになるようですね…!!


共演者として、テレビシリーズ「プリティ・リトル・ライアーズ」のアナベス・ギッシュ、テレビシリーズ「レイ・ドノヴァン」のダッシュ・ミホクらが出演している「ビフォア・アイ・ウェイク」は、5月8日から全米公開!!、「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」=5月1日全米公開の1週後なので、まぁ、あまりヒットは期待されてないと言えそうです…。

In this intense and heart pounding supernatural thriller, Jessie (Kate Bosworth) and Mark (Thomas Jane) decide to take in a sweet and loving 8-year-old boy, Cody. Unbeknownst to them, Cody is terrified of falling asleep. At first, they assume his previous unstable homes caused his aversion to sleep, but soon discover why: Cody’s dreams manifest in reality as he sleeps. In one moment they experience the incredible wonder of Cody’s imagination, and in the next, the horrific nature of his night terrors. To save their new family, Jessie and Mark embark on a dangerous hunt to uncover the truth behind Cody’s nightmares.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA