Doctor Strange:マーベルのヒーロー映画が新境地に達するベネディクト・カンバーバッチ主演の最新作「ドクター・ストレンジ」の新しい写真とキャラクター・ポスターをリリース!!

by hirobillyssk


今年2016年の2月に、ロンドンで行われていた「ドクター・ストレンジ」の撮影の現場に招かれた映画ジャーナリストのうちのひとりのピーター・シレッタの取材に応じたマーベル・シネマティック・ユニバースのプロデューサー、ケヴィン・ファイギによれば、レイチェル・マクアダムスが演じる外科医のクリスティーンは、地に足の着いたキャラクターとして、映画の舞台のニューヨークの現実とベネディクト・カンバーバッチの主人公ステフェン・ストレンジとを結びつける役割を負っているそうです…!!、つまり、「ソー」シリーズのナタリー・ポートマンらのように、映画の印象が絵空事になり、浮いてしまわないように現実味を帯びさせる要の存在のわけですが、今春の第88回アカデミー賞授賞式で最優秀作品賞に選ばれた「スポットライト」(2015年)の演技で、最優秀助演女優賞の候補にあげられた実力の持ち主のレイチェル・マクアダムスは、そうした自分の役を見事に演じてくれたそうで、外科医から魔術のヒーローに生まれ変わる??と、その文字だけ見れば、アホくさいかもしれない奇天烈な変身を果したベネディクト・カンバーバッチとの再会シーンはケッサクだそうです…!!

The Avengers : ディズニー・マーベルのコミックヒーロー大集合映画の第3弾「アベンジャーズ : インフィニティ・ウォー」に、ドクター・ストレンジが参戦することを、ベネディクト・カンバーバッチが語ってくれた発言と新しい写真!!

by hirobillyssk

“ 「インフィニティ・ウォー」の核のコンセプトは、これまでにみんなが観てきたコミックヒーロー映画シリーズと、その舞台の世界とが、最も最大の脅威に見舞われてしまうことで、マーベル・ユニバースが、ひとつになって、それに立ち向うということなんだ。 ”
…と、ジョーとアンソニーのルッソ兄弟監督のうち、お兄ちゃんのジョー監督が語ってくれたコメントを、今年2016年の初めのお正月に紹介したので、脇役のキャラクターはさておいて、ヒーローについては、ほぼ全員が参戦するのはわかっていただけに、今さら驚きのニュースではないのかもしれませんが、これまでのシネマティック・ユニバースのコミックヒーロー映画とは、やや世界観を別にしているヒーローが、アベンジャーズに加わることを、あらためて、当の本人が発言してくれました…!!

The Avengers : ディズニー・マーベルのコミックヒーロー大集合映画の第3弾「アベンジャーズ : インフィニティ・ウォー」が、欠かしたくないキャストの出演シーンを早くも先撮りしたらしいことが明らかになった!!

by hirobillyssk


93歳という高齢を考えると、この夏の大ヒット作「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」が最後のカメオ参戦になる可能性も…と思っていたファンの方もいらっしゃるかもしれませんが、そのように予想される現実の事態に対して、マーベルはただ、それを覚悟するのではなく、当面の備えをすることにしたようです…!!

Supergirl : メリッサ・ブノワ主演の人気テレビシリーズ「スーパーガール」シーズン2が、カーラと従兄弟のスーパーマンが力をあわせて、人命救助に臨むヒロイックな本編シーンを初公開!!

by hirobillyssk


「エブリバディ・ウォンツ・サム」(2016年)のタイラー・ホークリン扮するクリプトン人、カル・エルの地球人としての日常の姿のクラーク・ケントぶりと、スーパーマンとしてのヒーローぶりの両方を窺える「スーパーガール」の本編シーンを、ザ・CW が初めて披露してくれたので、早速、お楽しみください…!!

Movie News & Tidbits : SFアクション恋愛映画の超大作「パッセンジャーズ」が、ふたりぼっちのジェンとクリス・プラットの新しい写真をリリース、新旧のダークナイト同士が対決する「バットマン V バットマン」のファンメイドの予告編、and more …!!

by hirobillyssk


名優デンゼル・ワシントンらと一緒に、メイン・キャストの7人のひとりを演じたリメイク版「荒野の七人」が全米公開で大ヒットの興業ランキング第1位!!と今朝の全米映画ボックスオフィスBEST10でお伝えしたような次第で、クリス・プラットに世間の注目が寄せられたタイミングを逃すことなく…といった狙いかな?!と思われますが、そのスター・ロードがジェンと共演したSFアクション恋愛映画の超大作「パッセンジャーズ」の新しい写真を、ソニピがリリースしてくれました…!!、約120年間という長~い冷凍睡眠から目覚めれば、そこは移住先の植民星 “ ホームステッド 2 ” のはずが、なぜか?!、恒星間航行の旅の途中で、90年間も早起きをしてしまったジェンとクリス・プラットのふたりぼっちが思いがけず、植民船のアヴァロンに迫る危機を回避して、眠り続ける同胞の5,257名の命を守る救世主の役目を負うことに…!!といった「パッセンジャーズ」のメガホンをとったのは、「ジ・イミテーション・ゲーム」(2014年)のモルテン・ティルドゥム監督。続きを読むのあとで、さらにもう1枚の新しい写真をご覧下さい…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Box Office : 9月23日~9月25日の全米映画ボックスオフィスBEST10!!

by hirobillyssk

リメイク版「荒野の七人」が不人気ジャンルの西部劇
豪華キャストの魅力で、期待通りの成績の第1位 ! !
コウノトリのアニメ「ストークス」が好評に反し墜落 ! !
チェスの頭脳戦に勝利して、貧困を脱したウガンダの
天才フィオナ・ムテシさんの実話を映画化した感動作
クイーン・オブ・カトゥエ」が小規模公開で初登場 ! !


*各数字は、週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、このBEST10にランクインした時点での値です。


第1位(初) 「荒野の七人」(9,000万ドル)
       $35,000,000-(3,674館/$9,526)-$35,000,000

第2位以下は続きを読むの後です…!!

Doctor Strange : マーベルのコミック映画の最新作「ドクター・ストレンジ」のベネディクト・カンバーバッチのヒーローと仲間たちが登場したエンパイア最新号のカバーと新しいTVスポット!!

by hirobillyssk


イギリスの映画マガジン、エンパイアの最新の11月号のカバーに登場したベネディクト・カンバーバッチのヒーロー、ドクター・ストレンジこと、ステフェン・ストレンジです!!、続きを読むの後で、定期購読者だけの特典カバーと新しいテレビスポットを、3本まとめて、ご覧下さい…!!

Cargo : ゾンビ化する父が、わが子を救うため最期のつとめを果そうとする姿を描いて、共感を誘った傑作ショート・フィルムを、「ザ・ホビット」のマーティン・フリーマン主演で長編映画化した「カーゴ」の写真を初公開!!

by hirobillyssk


上 ↑ の写真のように、新人のヨランダ・ラムケ監督が、自分と同じく新人のインディーズのフィルム・メイカー、ベン・ハウリングと共同でメガホンをとり、女優として出演もした同名のショート・フィルムを長編化している商業映画のデビュー作「カーゴ」の写真を初公開してくれたので、続きを読むの後で、オリジナルの作品とあわせて、ご覧下さい!!

Movie News & Tidbits Part 2 : マーベルのコミックヒーロー映画の最新作「スパイダーマン : ホームカミング」が、ホームグラウンドのアトランタでの撮影を終了、「エージェンツ・オブ・シールド」シーズン 4 が、ゴースト・ライダーの登場シーンの撮影風景を紹介したメイキングのプロモ・ビデオをリリース、and more …!!

by hirobillyssk


主演カップルのトム・ホランドゼンデイヤ・コールマンも、ともに20歳の大人ですが、それぞれ役の上では高校生で、“ ハイスクール・スパイダーマン ” がテーマの作品だけに、ビールよりもケーキでお祝いをしたものと思われますが、一昨日の木曜日(9月22日)にB面で、スパイダー・ケーキの写真を紹介し、告知しておいたように、「スパイダーマン : ホームカミング」が初夏の6月20日のクランクインから製作拠点としていたジョージア州アトランタでの撮影を終え、ついに現地を離れることになった移動を、ピーター・パーカーが、上 ↑ の写真で報告してくれました!!、ジョン・ワッツ監督(「クラウン」2014年)が率いるスタッフとキャストはこれから、ニューヨークに移動して、さらに2~3週間の撮影を行う予定なので、スパイダーマンが大都会を舞台に活躍するセット・フォトがさらに見られるかも…?!と期待できそうなので、お楽しみに…!!、ベネディクト・カンバーバッチ主演「ドクター・ストレンジ」の11月4日全米公開のタイミングで、予告編が初公開されるかな…?!と思われている「スパイダーマン : ホームカミング」は、来年2017年7月7日から全米公開です…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Movie News & Tidbits : スティーヴン・キングの代表作を映画化する「It(イット)」の撮影が無事に終了で、不気味にかわいいペニーワイズのビックリ箱の写真をリリース、ドウェイン・ジョンソン主演の新しい「ジュマンジ」の撮影が早くも一時休止に追い込まれた事情を、ケヴィン・ハートが伝えてくれた、and more …!!

by hirobillyssk


モダンホラーの帝王のスティーヴン・キングは、原作小説を発表した1986年の直前の1984年から1985年を現在として描き、そこから約27年間の時を遡って、1957年から1958年を過去として、ふたつの時代にまたがる物語を執筆してくれたわけですから、その創作の時点を現在として、まぁ、約30年前を過去とする…というパターンに則って、撮影を行った現在を、まさに現在として、過去は1980年代という風に設定を変えたのは納得ができなくもない新しい「It(イット)」が、無事にクランクアップを迎えたことを、プロデューサーのバーバラ・ムシェッティが、上 ↑ のピエロのペニーワイズが飛び出したビックリ箱の写真をリリースして、報告してくれました…!!、彼女の兄弟のアンドレス・ムシェッティ監督(「ママ」2013年)が、当初に予定されたケリー・フクナガ監督(「ビースツ・オブ・ノー・ネーション」2015年)に代わって、メガホンをとった「It(イット)」は、主な舞台が過去の80年代となるため、Netflix の「ストレンジャー・スィングス」が盛り込んだ80年代映画の要素に感激したファンを取り込める期待が持てるわけですが、ビル・スカルスガルド(「ヘムロック・グローブ」)が演じるピエロを、ファンは認めてくれるのか…?!、1990年放送のテレビ映画版で、ペニーワイズを演じたティム・カリーのみならず、同じピエロのキャラクターということで、「スーサイド・スクワッド」(全米公開中)のザ・ジョーカージャレッド・レトとも比較されてしまうかもしれませんね…!!、当初の予定では、前後編の2部作だったのが、とりあえず、1本だけになってしまった「It(イット)」は、来年2017年9月8日から全米公開です!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Movie News & Tidbits : デンゼル・ワシントン主演のリメイク版「シークレット・ハンター」の続篇が約1年後にクランクイン、「パシフィック・リム」のチャーリー・デイとアイス・キューブの先生同士が、いい歳こいて決闘する学園コメディのバカ映画「フィスト・ファイト」の予告編を初公開、and more …!!

by hirobillyssk


黒澤明監督の傑作「七人の侍」(1954年)をリメイクした西部劇(1960年)を、さらにリメイクした新しい「荒野の七人」が、この週末に全米で封切られる名優デンゼル・ワシントンとアントワーン・フークア監督のコンビが、クロエ・モレッツちゃんを共演者に迎えて、2014年に公開した、やっぱり、リメイク映画の「シークレット・ハンター」の続篇が、来年2017年9月4日(月)のレイバー・デーの前後に撮影を開始する予定であることを、プロデューサーのトッド・ブラウンが、Collider の編集長のスティーヴ・フロスティーの取材に応じて、語ってくれました…!!、アントワーン・フークア監督が引き続き、メガホンをとる「シークレット・ハンター 2」は、当初の予定であれば、そのクランクインと同じ月の2017年9月29日全米公開でしたから、つまり、1年遅れになってしまうことになりますが、すでに脚本は出来上がっているそうです…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Pacific Rim 2 : 大怪獣 VS. 巨大ロボットの戦いを描く新しい続篇の「パシフィック・リム 2」が、思いあがった態度で、観客をむかつかせる青年役のキャストをさらに追加!!

by hirobillyssk


役名が “ イリヤ ” というロシア人みたいな名前なので、とりあえず、チェルノ・アルファのポスターと写真を並べてみましたが、ひょっとして、前作(2013年)で、同イエーガーに乗り込んだサーシャとアレクシスのカイダノフスキー夫妻の息子?!か、あるいは親戚?!といった身内の設定なんでしょうか…?!


Search in CIA