**************************************************************************************************


ブライアン・シンガー監督の映画シリーズ第1弾「X-Men」が、2000年に封切られるや、世界各国で大ヒットの成功をおさめたのを見た原作出版社のマーベルが、あろうことか、自社のコンテンツを自らパクッて、盗作?!をし、「X-Men」のまがい物みたいな実写のテレビシリーズ「ミュータント X」を製作して、翌2001年から早速、放送を開始するや、「X-Men」シリーズの映像化の権利を、マーベルとの合意で所有する 20世紀FOX から当然、契約違反で訴えられてしまった…!!という、みっともないテレビシリーズ化の実績?!のある「X-Men」ですが、新しいテレビシリーズは、20世紀FOX が製作し、恐らく FOX テレビでオンエアするので、人気の映画シリーズのスピンオフとして、堂々と「X-Men」のタイトルを名乗ることができそうです…!!



ほぼ映画サイト言えるイギリスのオタク・カルチャー・サイト Bleeding Cool のリッチ・ジョンストンが、ハリウッドの情報筋から得た未確認のニュースとして発信したスクープによれば、「X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト」を今夏、大ヒットさせた20世紀FOXが、その自社のドル箱シリーズの実写テレビ化を検討し、水面下で準備を進めていることが、わかったそうです…!!


Bleeding Cool は先ごろ、「スーパーガール」のテレビシリーズの企画があることをイチ早く独占スクープし、それが実際に CBS テレビが製作する予定の全く事実の正しいニュースであったことが確認されていますから、今回の「X-Men」シリーズのテレビ化も…、まぁ、現時点ではウワサの域を出ないとは言え、信ぴょう性の高い情報として、ひとまず、真面目に受けとめてもよいのかもしれません。

また、「X-MEN」ファンの方はよく、ご存知でしょうし、そうでなくても、映画シリーズをご覧の方は、代表的なミュータントのウルヴァリンや、ミスティークのほかに、こんなに色んな能力を持ったミュータントがいるのか…!!と、一作ごとに、多彩なキャラクターの登場に感心されているはずですから、そうした、とても映画シリーズだけでは消化し切れないネタを抱える20世紀FOX が…、


ディズニー・マーベルが、「アベンジャーズ」に代表されるコミックヒーロー映画シリーズの副産物として、テレビシリーズの「エージェンツ・オブ・シールド」を立ち上げて、成功したばかりか、来年2015年からは「キャプテン・アメリカ」シリーズのスピンオフ「エージェント・カーター」まで放送を開始する動きや、ワーナー・DCの「アロー」、「ザ・フラッシュ」、そして、「バットマン」シリーズのプリクエールとして、先ごろ全米で放送が始まった「ゴッサム」が好評を博しているの見て、だったら、自社でも…!!と、「X-Men」のテレビシリーズ化を進めるのは当たり前で、むしろ遅すぎたぐらいかもしれません…?!

果たして、20世紀FOX が、「X-Men」シリーズをどのような視点からテレビ化し、また、本流の映画シリーズと関連づけていくのか…?!、その具体的な詳細は今後、続報が聞かれることに期待するしかありませんが、同社は、「キック・アス2」(2013年)のジェフ・ワドロウ監督を起用して、本流シリーズとは別に、「X-FORCE」シリーズの立ち上げも準備していますから、その新シリーズとの絡みも気になりますね…!!、さて、CIAリーダーのみなさんは、「X-Men」シリーズが、ついに正当な形で、テレビシリーズ化される可能性が浮上したことについて、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA