**************************************************************************************************


オランダの本部をはじめ、世界各国に拠点を持つワールドワイドなビジネス・コンサルティング・ファームの KPMG が調べて、まとめてくれた結果の棒グラフです…!!、“ EST ” とは…、


VOD や、ストリーミング、デジタル配信などと一般に呼ばれるインターネットを通じて、オンラインで映画を観たり、また、そのコンテンツを買い求めたりする “ Electronic Sell Through ” を略した頭字語ですが、ご覧のように、今から14年前の2000年には、映画館での封切りとデジタル視聴との間隔のタイムラグが、55.5ヶ月と、つまり、約4年半もかかっていたのが、一旦は、63.1ヶ月と長期化したものの、2006年に言うなれば、デジタル革命とも呼べる大きな変動があったらしく、一気に半減した後、短縮が加速化し、昨2013年には、ついに3ヵ月半も待てば、新作映画を自宅にいながら…どころか、端末さえあれば、どこにいても観られる状態にまで、封切りとデジタル化のタイミングが接近したことが明らかになっています…!!


よって、話題の新作を映画館で、すぐに観るか、それとも、こうした“ EST ” や、あるいは、DVD、 Blu-ray で鑑賞するかの選択を思案した場合、後者が待たされる期間は、もはや約3ヵ月か…、アッという間だな…!!と、タカをくくっておけばよいわけですが、すでに一部の映画が、“ EST ” が先行で、映画館での公開の方が後だったり、封切りと同時に配信となっている傾向を踏まえると、いずれは、ほとんどの映画が、劇場公開と同時に、家でも観られるようになる可能性は高そうですが…、となれば、既存の映画館は、いったい、どうなってしまうのか…?!、特に映画ファンでもない人が、わざわざ、上映時間に合わせて、映画館にまで足を運ぶでしょうか…?!、CIAリーダーのみなさんは、興味深い棒グラフのチャートをご覧になって、映画の未来を、どのようにお考えになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA