**************************************************************************************************



もうひとりの異なる世代の自分である老プロフェッサー X のパトリック・スチュワートと以前に会食していたサイモン・キンバーグが昨夜は、同じプロフェッサー X の同一人物?!だけど、若いほうの自分と食事に出かけた…!!と、Instagram を通じて、ファンに報告してくれたジェームズ・マカヴォイが、" 夏が待ちきれない!! " と書き添えていたことから、「X-Men」シリーズの脚本家兼プロデューサーと今夏クランクインの次回作について話し合ったのでは…?!と憶測されていましたが、どうやら、サイモン・キンバーグはもう、単にプロデューサーではなかったようです…!!




「アポカリプス」のキャストとして最初に候補にあげられ、役に扮したイメージのコンセプト・アートまで描かれていたのが、単独で主演女優をつとめられる力量を持つエルたんだったことからしても、「X-Men」シリーズが将来的にジーン・グレイのキャラクターを中心に据えるのでは…?!というのは以前から憶測されていたのですが、先週火曜日のバレンタイン・デーにお伝えのように、最終的にジーン・グレイの役を自分のモノにしたソフィー・ターナーが、この夏に新しい「X-Men」の映画を撮影すると発言しました…!!

Related: X-Men: ブライアン・シンガー監督の「X-Men: アポカリプス」が、最初に起用を希望したエルたんの参戦を想定して描いていたコンセプト・アート!!

しかしながら、「X-Men」シリーズを製作・配給する20世紀FOXが現実に進めているプロジェクトは、ライアン・レイノルズ主演の「デッドプール 2」と、前述のジェームズ・マカヴォイと共演したホラー・スリラー「スプリット」が大ヒットのアニヤ・テイラー=ジョイが参戦する青春映画的な「ザ・ニュー・ミュータンツ」の2本であり、ソフィー・ターナーのジーン・グレイがダーク・フェニックス化して、主人公のようになるストーリー展開は、どちらの映画にも当てはまらないため、まったくウワサとしてのみ語られてきた「X-Men : スーパーノヴァ」という謎のプロジェクトがあることを、先週の記事で持ち出しました。

その「X-Men : スーパーノヴァ」については、今夏6月15日にカナダのモントリオールで撮影を開始!!という具体的な日付けと場所まで盛り込まれた情報が飛び交っているものの、約4か月先にクランクインする


コミックヒーロー映画のブロックバスターの企画に関して、20世紀FOXが何も発表しないことが極めて不自然なのですが、そのウワサの真偽の確認に動いてくれた Collider の編集長のスティーヴ・フロスティーが、これまでシリーズの裏方の仕掛け人に徹していたサイモン・キンバーグが、ついに自らメガホンをとるプロジェクトとして水面下で、「スーパーノヴァ」を進め、20世紀FOXから最終的な製作の了承を得ようとしている段階にあるらしいことをレポートしてくれました…!!

旧トリロジー完結編の「ザ・ラスト・スタンド」(2006年)の脚本を手がけ、マシュー・ヴォーン監督が起用された「ファースト・クラス」(2011年)からプロデューサーに就任したサイモン・キンバーグは、「X-Men」シリーズの舵取り人であると同時に、ディズニーの新生「スター・ウォーズ」のブレーンでもありますから、過去に監督の経験がないとは言え、実績から判断して、彼が「X-Men」の映画のメガホンをとることには特に大きな支障はなさそうです。なのに、そのサイモン・キンバーグが監督デビューを希望している「X-Men : スーパーノヴァ」が、まことしやかなウワサとしてのみ語られ、表沙汰になってこなかったのは、昨2016年公開の「アポカリプス」の失敗によって、「X-Men」の本流シリーズが行き詰ってしまい、今後の方針が模索されているらしいことから、スピンオフの位置づけの「デッドプール 2」と「ザ・ニュー・ミュータンツ」しか進めらない…という事情が背景にあるようなので、果たして、サイモン・キンバーグ監督の「X-Men : スーパーノヴァ」が実現するのか否か?!は引き続き、何とも言えない…と、スティーヴ・フロスティーは取材の結果を結んでいます…。

Related: X-Men : 「X-Men」ファン待望の最新作が間もなくクランクイン ! ! と、ミュータントのフェニックスのソフィー・ターナーが公表してくれた ! !

とは言え、そのスティーヴ・フロスティーの取材を踏まえて、冒頭のジェームズ・マカヴォイの写真を振り返ると、" 夏が待ちきれない!! " と書き添えた若プロフェッサー X は、サイモン・キンバーグが自分で監督したいと希望している「X-Men : スーパーノヴァ」の企画に納得して、おもしろそうだ!!、撮影が楽しみだ…!!と、すでに出演する気満々!!のようですから、もしかすると前向きに考えてもよいのかもしれません…?!


いずれにしろ、「X-Men」の映画シリーズの今後については先行きが不透明なので、あくまでも、FOX からの公式の報告を待ったほうがよさそうなのですが、CIA リーダーのミュータントのみなさんは、謎の企画の「X-Men : スーパーノヴァ」が、「アポカリプス」の続篇として、サイモン・キンバーグが監督デビューを希望しているものであり、FOX の了承はないものの、ソフィー・ターナーはもうスケジュールを空けているばかりか、ジェームズ・マカヴォイも臨戦態勢だ…!!と現在の状況が理解できることについて、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!



Follow CIA on



Search in CIA