**************************************************************************************************



「X-Men」シリーズを製作・配給する20世紀FOXは沈黙を守っていますが、これからの仕事の予定を尋ねられたソフィー・ターナーが再び、ジーン・グレイに扮して、カメラの前に立つことを明らかにしてくれました…!!


風邪ひきだったことを除けば、最優秀主演女優賞を含む主要の5部門を制覇!!という「ラ・ラ・ランド」のエマにとって最高の日だった昨日(現地2月12日)の第70回英国アカデミー賞の授賞式に出席したソフィー・ターナーが…
“ 次の「X-Men」の映画に取りかかろうとしているのよ。「ゲーム・オブ・スローンズ」のシーズン7の撮影はもう終えちゃったの。「X-Men」がクランクインする前に、いくつかの映画をこなして、それからシーズン8に移ることになるわ…!! ”
…と、イギリスの映画サイト HeyUGuys のジョン・ライウスから今後の予定を尋ねられて、答えてくれました…!!

パリ、ニューヨーク、リオに続く、ひとつの街を舞台にしたオムニバス映画の最新作「ベルリン、アイ・ラブ・ユー」に出演する予定のソフィー・ターナーは、どうやら、その他の映画でも役をこなして、「X-Men」シリーズへと舞い戻るようですが、来年2018年の放送予定が発表されている「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン8は恐らく、同年の春に初回をオンエアするそうでしょうから、それよりも前に「X-Men」の撮影をするという彼女の言葉は、とりもなおさず、今夏から秋にかけてのうちにクランクインすると言っているのも同然と理解して、受けとめることができそうです。


となれば、昨日の英国アカデミー賞の新人賞にあたる賞を、スパイダーマンのトム・ホランドに奪われてしまったアニヤ・テイラー=ジョイが「X-Men」シリーズに参戦する「ザ・ニュー・ミュータンツ」は、今春から5月頃のうちのクランクインらしいことが、カナダ・モントリオールの撮影所 MELS スタジオの代表 ミシェル・トゥルーデル氏の商売繁盛の発言によって伝えられていますから、ソフィー・ターナーが言っているのは、そのジョシュ・ブーン監督(「ザ・フォールト・イン・アワ・スターズ」2014年)がメガホンをとる青春映画的な「X-Men」か?!、「アポカリプス」(2016年)に続く本流シリーズの最新作か?!、あるいは彼女が単独主演するスピンオフ映画か?!という選択肢が考えられることになります。

冒頭のように「X-Men」シリーズに関して、製作・配給の20世紀FOXはテレビシリーズ化の動きや、来月3月3日全米公開の「ローガン」、「デッドプール 2」については広報をしているものの、肝心の本流シリーズに関しては、「アポカリプス」が沈没して以降、「ザ・ニュー・ミュータンツ」をも含めて沈黙を守っているため、ハッキリとしたことはお伝えできない五里霧中のような状況に陥っています…。

しかし、そうした公式には何も伝えられていない状況下にもかかわらず、映画やドラマの製作ニュースを伝えている Production Weekly と、撮影現場で働く人のために仕事の機会の情報を伝えている My Entertainment World が、今夏6月15日にカナダのモントリオールで、「X-Men」シリーズの最新作「スーパーノヴァ」の撮影が始まる…!!という情報を今月2月はじめに掲載していました。


この未確認情報の「X-Men」シリーズ最新作「スーパーノヴァ」は、あらすじとしては、ソフィー・ターナー扮するジーン・グレイが “ ダーク・フェニックス ” に生まれ変わったことから…といったものだそうですから、つまり、旧トリロジー完結編「ザ・ラスト・スタンド」で、ファムケ・ヤンセンの旧ジーン・グレイが “ ダーク・フェニックス ” に生まれ変わり、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンが自ら愛する女性の命を絶ったことで、その後のスピンオフ・シリーズの中でトラウマにとらわれる…!!という経緯の降り出しをまた描くのか…といった新鮮味のない作品として受けとめることができそうです。

よって、この「X-Men : スーパーノヴァ」の情報については、多くの映画ジャーナリストが疑問を抱いてしまい、信ぴょう性を欠いて、真偽の怪しいニュースだけに、CIA では今日まで記事にすることができませんでした。

しかしながら、ダーク・フェニックスのジーン・グレイ=ソフィー・ターナーは、今年2017年のうちに「X-Men」シリーズの最新作を撮影すると明確に言い切っていますから、「X-Men : スーパーノヴァ」について初めて信頼性の高い裏付けが得られたのかもしれない?!として持ち出したのですが、果たして、彼女が語っているのは本当に自分が主演のような「スーパーノヴァ」なのか?!、それとも、5月クランクインの予定が約1か月遅れて、6月になったのかもしれない「ザ・ニュー・ミュータンツ」なのか…?!、いずれにしろ、FOX は「X-Men」シリーズの映画の方向性について、何も明らかにしていませんし、仮りに「スーパーノヴァ」を作るとしたなら、誰がメガホンをとるのか…?!、共演者は誰なのか…?!、ジェームズ・マカヴォイ、ミヒャエル・ファスベンダー、ジェンのトリオは出演契約が終わっていますし、ヒュー・ジャックマンとパトリック・スチュワートは「ローガン」をもって卒業です…。


「X-Men」シリーズのファンが現在、最も望んでいるのは、そうした主なキャストが入れ替わりの節目のタイミングを利用して、シリーズを白紙に戻して、イチからの再スタートを構想し、ディズニー・マーベルのシネマティック・ユニバースと一体化する協調路線を歩んで、「アベンジャーズ VS. X-Men」を実現することですが、さて、FOX はまた、 “ ダーク・フェニックス ” のエピソードをくり返すのか…?!、CIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、ソフィー・ターナーがハッキリと「X-Men」の新作映画を撮影すると発言したことについて、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!



Follow CIA on



Search in CIA