**************************************************************************************************



昨2016年7月下旬に、プロデューサー兼主演のブラッド・ピットと直接に会い、「ワールド・ウォーZ 2」のメガホンをとってほしい…!!と依頼されたデヴィッド・フィンチャー監督は、明らかに乗り気ではないものの、「セブン」(1995年)、「ファイト・クラブ」(1999年)、そして、「ベンジャミン・バトン」(2008年)と、いずれも代表作を一緒に作った友人からのたっての頼みだけに、むげに断ることはしなかったわけですが、その後、検討を重ねた結果、考えを変えていたことが明らかになりました…!!



この夏の全米公開映画の興業スケジュールに含まれていた6月9日封切りの「ワールド・ウォーZ 2」のタイトルを、製作・配給のパラマウント映画が取り消した…!!というニュースが昨日、映画のマスコミで伝えられていましたが、そもそも何も撮影していないのだから、映画を公開できるわけもなく、キャンセルは当たり前なので、CIA では特に記事にはせず、Facebook ページで、そういう話題が出ていることだけをカンタンにお伝えしました。

しかしながら、それにしても「ワールド・ウォーZ 2」は、どうなってしまったのか…?!、その背景の事情について、ファンの方は気になってしまったかと思いますが、Heat Vision のタチアナ・シーゲルが掘り下げて取材をし、レポートしてくれました…!!


まず簡単に事の経緯をおさらいすると、007史上ワースト№1映画に位置づけられている「クォンタム・オブ・ソレス(慰めの報酬)」(2008年)のマーク・フォースター監督を起用したことが当然、裏目に出た「ワールド・ウォーZ」は、プロデューサーのブラッド・ピットの大胆な仕切り直しで、大規模な撮り直しを行った結果、映画が救われて、大ヒットになった…!!という波乱の経緯があったことから、続編では適任者と目されるギレルモ・デル・トロ・ファミリーのファン・アントニオ・バヨナ監督を早々と抜擢したのですが、あろうことか、ライバルのユニバーサル映画の「ジュラシック・ワールド 2」(2018年6月22日全米公開)によって、同監督を引き抜かれる…!!という掟破りを食らい、製作が立ち往生し、ついにブラピが自分にとって切り札のデヴィッド・フィンチャー監督を担ぎ出す動きに出た…という次第です…。


そして、冒頭のように、ゾンビ映画は自分にとって、ミスマッチのような第一印象を持ったのか?!、あまり関心がないような感じのデヴィッド・フィンチャー監督でしたが、しかし、タチアナ・シーゲルによれば、" とてもオリジナルに富んだ創造性の興味を持っている " とのことで、同監督なりのゾンビ映画の新しいヴィジョンを発見してくれたようです…!!、そればかりか、気になる製作費のご予算についても、デヴィッド・フィンチャー監督は第1作めの約1億9,000万ドルよりも安く仕上げると請け負ってくれたそうですから、パラマウント映画にとっては、良いことづくめのような感じがしないでもありません…!!が…、


それにもかかわらず、パラマウント映画のCEOのブラッド・グレイ氏が、デヴィッド・フィンチャー監督の「ワールド・ウォーZ 2」の製作を承認せず、保留していることについて、ハリウッドの映画業界の内部では、どうして、「ゴーン・ガール」(2014年)や、「ザ・ソーシャル・ネットワーク」(2010年)を大ヒットに導いたばかりか、常にクォリティの高い作品を作る監督を受け入れないのか…?!と、パラマウント映画が二の足を踏んでいることに疑問の目が向けられているそうです…!!

果たして、デヴィッド・フィンチャー監督なりの " オリジナルに富んだ創造性 " の部分に、何かの問題があるのか?!、それとも、「ドラゴン・タトゥーの女」(2011年)は興業的に失敗だったじゃないか…といった点を気にしているのか…?!、パラマウント映画の考えについては何とも言えませんが、あまり保留が長びくと、デヴィッド・フィンチャー監督の新しいゾンビ映画に賭ける意気込みというのも消え失せてしまうかもしれませんし、同監督がぜひとも、手がけたい…!!と言ってくれているらしい今のタイミングで、サッサとGOサインを出したほうがよいのではないでしょうか…?!


とにもかくにも、「ワールド・ウォーZ 2」の企画は終わっておらず、デヴィッド・フィンチャー監督が新監督に内定し、ブラッド・ピットの名コンビが復活!!の話題性を持った新しい視点のゾンビ映画として、水面下で進行していたものの、当の製作・配給のパラマウント映画が、なぜか?!、それを生かしも殺しもせず、ゾンビのように保留しているのが現在の状況のようです…。CIAリーダーのみなさんは、デヴィッド・フィンチャー監督の気鋭のゾンビ映画は実現するのか否か?!、「ワールド・ウォーZ 2」の蘇生について、どのような感想の意見をお持ちになられたでしょう…?!



Related:
World War Z 2 : ブラッド・ピットが、まさかの切り札を出した ! !、ゾンビ・アクション大作の続編「ワールド・ウォーZ 2」の新しい監督として、「ベンジャミン・バトン 」などで名コンビのデヴィッド・フィンチャー監督を説得 ! !
World War Z 2 : ブラッド・ピット主演のゾンビ・アクション大作の続編「ワールド・ウォーZ 2」が暗礁に乗り上げる危機の一方、「ジュラシック・ワールド2」にチャンス到来の悲報と朗報!!
World War Z 2: 恐竜パークの続篇「ジュラシック・ワールド2」を作りたいユニバーサル映画が、なぜか?!、パラマウント映画のゾンビ・アクション大作の続編「ワールド・ウォーZ 2」の製作を大きく前進!!という、おかしな駆け引きのトリビア!!

Follow CIA on



Search in CIA