**************************************************************************************************


台湾でリリースされたミラ・ジョヴォヴィッチのアリスのどアップのポスターですが、実はこれはイギリスでリリースされた「バイオハザード : ザ・ファイナル・チャプター」のポスターの一部です…!!、元々の全体のイメージは、どんな風だったのか…?!、UK版のポスターとあわせて、フランス版の予告編をお楽しみください…!!








一昨日の水曜日(8月10日)に、全米で初公開された予告編を紹介したばかりの「バイオハザード : ザ・ファイナル・チャプター」ですが、その予告編で観られたレッド・クィーンの登場シーンは、ややネタバレのような感じがしないでもありませんでしたが、フランスでは、ひとまず、そのレッド・クィーンがアリスに味方しているような場面は伏せることにしたらしく、その穴埋めとして?!、US 版では観られなかったアクション・シーンのカットが代わりに披露されているので、あらためて、お楽しみください…!!


ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督のバイオハザード夫婦が、ついにシリーズに幕を引く第6弾は、来年2017年の1月27日から全米公開!!、共演者は、クレア・レッドフィールドのアリ・ラーターのほか、ルビー・ローズ、オーエン・マッケン、ウィリアム・レビ、ショーン・ロバーツ、イアン・グレンといった顔ぶれです…!!


Picking up immediately after the events in Resident Evil: Retribution, humanity is on its last legs in Washington D.C. As the only survivor of what was meant to be humanity’s final stand against the undead hordes, Alice must return to where the nightmare began – Raccoon City, where the Umbrella Corporation is gathering its forces for a final strike against the only remaining survivors of the apocalypse. In a race against time Alice will join forces with old friends, and an unlikely ally, in an action packed battle with undead hordes and new mutant monsters. Between regaining her superhuman abilities at Wesker’s hand and Umbrella’s impending attack, this will be Alice’s most difficult adventure as she fights to save humanity, which is on the brink of oblivion.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA