**************************************************************************************************


一昨年の2014年秋に封切られたオリヴィア・クック主演作のプリクエールとして、過去にさかのぼり、60年代を舞台にした第2弾「ウィジャ : オリジン・オブ・エビル」を、ハロウィン目前の今秋10月21日に全米で公開するユニバーサル映画がリリースした新しいポスターです!!、エリザベス・リーサー(エリザベス・リーサー)扮するシングル・マザーのインチキ霊媒師、アリスの幼い娘のドリスが、現実に悪霊に憑りつかれてしまうことに…!!という皮肉な物語を描いたのは、同じくホラー映画の「オキュラス」(2014年)が高評価されたマイク・フラナガン監督。続きを読むのあとで、もう1枚の不気味な新しいポスターをご覧ください…!!、予告編はコチラです…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ブレア・ウィッチ・プロジェクトの直接的な続篇として秘かに作られたブレア・ウィッチの新しい予告編 ! !



現在はハリウッド版の実写映画「デス・ノート」(2017年配信予定)を手がけているアダム・ウィンガード監督を起用して、「ザ・ウッズ」というホラー映画を製作したライオンズゲートが、実はそのタイトルは映画の真の内容を隠すためのカモフラージュであって、本当は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続篇だ…!!と、先月7月下旬開催のサンディエゴ・コミック・コンで発表し、全米を驚かせた話題の「ブレア・ウィッチ」の新しい予告編です…!!、オリジナル映画が封切られた1999年当時は、ネット上の情報が整備されておらず、真偽のあやふやなものが多かったため、巧みに本当めかしたネットの宣伝を目にして、“ 実際の映像 ” と真に受ける人もいたことから、センセーショナルな社会現象の大ヒットになったわけですが、そうした宣伝にまつわる伝説的な逸話を別にして、果たして、1本のホラー映画として、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のその後…に、興味のある観客が現在、どれだけいるのか…?!、興味深い結果が明らかになる全米公開日は来月9月18日!!、ヘザー・ドナヒューが演じた自分と同じ名前の役のヘザー・ドナヒューの兄弟が、オリジナル映画で描かれた事の真相を探るべく、大学の仲間たちと一緒にブラック・ヒルズの森へと向かうことになります…!!


アーロン・エックハートの車椅子の医師が憑りつかれた者の潜在意識に侵入して悪魔祓いを行うホラー映画の最新作インカーネートの予告編 ! !



当初の予定では来月9月30日だった封切りを延期して、年末の12月2日に全米公開することにしたアーロン・エックハート主演のホラー映画「インカーネート(化身)」が、あらためて、予告編を披露してくれたので、ご覧ください!!、ドウェイン・ジョンソン主演の「サン・アンドレアス」(2015年)を大ヒットに導いて、ディザスター映画の復権を果たしたブラッド・ペイトン監督がメガホンをとった「インカーネート」は、テレビシリーズ「ゴッサム」で、バットマンの少年時代を演じてるデヴィッド・マズーズ君に憑りついた邪悪なものを取り除くべく、アーロン・エックハート扮する主人公の事故により車椅子生活を余儀なくされたアル中の医師、セス・エンバーが独自の治療を施すことに…!!といった次第で、神父が聖書を手に祈る従来の悪魔祓い映画とは異なり、セス医師が医療機器を使い、悪魔憑きの患者の潜在意識に入り込み、その心の中で、悪魔とバトルする…!!という設定が目新しく、ユニークな見どころとなっていますが、つまり、ジェニファー・ロペスの医師が連続殺人鬼の意識の中に入り込む…!!という異色の設定を、ターセム・シン監督が独自の映像美で描いたカルト作「ザ・セル」(2000年)のエクソシスト版か…などと、あっさりと受けとめる映画ファンが少なくはないようです。共演者は、「そして、ひと粒のひかり」(2004年)で知られるカタリーナ・サンディノ・モレノ、ポール・バーホーベン監督の「ブラックブック」(2006年)や、「ゲーム・オブ・スローンズ」で知られるカリス・ファン・ハウテンです…!!


コックリさんホラーの第2弾ウィジャ : オリジン・オブ・エビルの新しいポスター ! !






【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA