**************************************************************************************************


とっくに世界各国で映画が封切られているため、もうネタバレにはあたらないだろう…という、もはや旧作扱い?!の事情に加えて、CIA でも昨日(6月14日)、紹介したように、もう一人のウルヴァリンのアラン・ムッシーが、“ ウェポン X ” の実験台にされているヒュー・ジャックマンのウルヴァリンの姿を大々的に公開してしまったことや、また、このシーンが次の「X-Men」映画の「ザ・ウルヴァリン 3」の予告編?!だったらしいことを踏まえると、ちゃんと観てもらったほうがいいと判断されたのかもしれません…?!






世界各国で公開中の「X-Men : アポカリプス」の見どころのひとつとして、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンが登場したサプライズのアクション・シーンの撮影風景のメイキング映像です!!、前作「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」(2014年)から引き続き、ジョシュ・ヘルマンが演じるウィリアム・ストライカーによって捕えられたジェンのレイヴン・ダーク ホルムや、ビーストたちを救出するために…、


軍の秘密の施設に潜入したソフィー・ターナーのジーン・グレイたちが、思いがけない助っ人として、同基地で極秘裏に進められていた“ ウェポン X ” 計画の実験台にされているウルヴァリンに出会ったあと、映画の結末で、エセックス社の者たち、つまり、「X-Men」シリーズの悪役のMr.シニスターこと、ナサニエル・エセックスの部下たちが、どうやら、サンプルとして保管されていたウルヴァリンの血液を持ち去ったことから、クローンの女ウルヴァリンの X-23 を造りだすのでは…?!という、ファンの憶測が持ちあがり…、


ヒュー・ジャックマンが「X-Men」シリーズを卒業するスピンオフ映画の最新作「ザ・ウルヴァリン 3」は、“ ウェポン X ” をテーマにした作品として、正式の映画のタイトルは「ウルヴァリン: ウェポン X」や、そのまんま「ウェポン X」が採用されるのでは…?!とウワサ(↑)されている次第ですが…、


先週末の土曜日(6月11日)に紹介した、老いを増したパトリック・スチュワート老プロフェッサーX が初登場をした「ウルヴァリン: ウェポン X」のセット・フォトで見られた謎の女の子は、現地のニューオーリンズで先週の金曜日(6月10日)に行われたロケ(via: Just Jared)では、ご覧のように胸を銃弾で撃ち抜かれても平気のようだったので、彼女はやっぱり、「アポカリプス」の展開を経て、誕生したウルヴァリンのクローンの X-23 として、鋭い爪を隠し持っているのかもしれませんね…!!


「アポカリプス」での大暴れの後、ウルヴァリンはどこで、どうなって、少女のX-23 ?!と出会うことになるのか?!、来年2017年3月3日全米公開の「ザ・ウルヴァリン 3」、もしくは「ウルヴァリン: ウェポン X」、あるいは「ウェポン X」、それとも「ザ・デス・オブ・ローガン」でのヒュー・ジャックマンの最後の戦いを観る前に、その重要な発端が示された予告編?!の「X-Men: アポカリプス」も、ぜひ、ご覧ください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA