**************************************************************************************************


まさに今月初めの6月1日(水)に紹介したセット・フォトで見られたように、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンが老けたのだから、それにあわせて、パトリック・スチュワートの老プロフェッサーX が、さらに老いを増して、どうやら、もう弱ってしまったらしいように見受けられるのも仕方がない…と言えば、そうなのかもしれません…。





ルイジアナ州のニューオーリンズで撮影を続けている「X-Men」シリーズのスピンオフ映画「ザ・ウルヴァリン 3」が、現地では昨日の6月9日(木)に行ったロケの様子を、セレブリティ・サイトの Just Jared が紹介してくれました!!、同サイトの記事によれば、ヒュー・ジャックマンの老けた白髪まじりのウルヴァリンと、パトリック・スチュワートの老プロフェッサーX は、カジノの建物から慌ただしく飛び出してくるや、急いでトラックに乗り込んだそうですから、もしかすると、老いを深めた最晩年のチャールズが具合を悪くしたのか?!、それとも何者かに追われていたのか…?!、その辺りの事情については何とも言えませんが…、


気になるのは、下 ↓ の写真のように、どうやら、ウルヴァリンとチームを組んでいるらしい?!少女の存在が確認されたことです!!、果たして、未知の子役の女の子が演じているキャラクターは単に、このカジノのシーンに限って、たまたま、ウルヴァリンと老プロフェッサーX の両者に絡むことになった通りすがりのような脇役か…?!、映画全編を通して登場する重要な役どころなのか…?!、いきなり断言はできないものの…、


全米公開中の「X-Men : アポカリプス」の結末で暗示された、この「ザ・ウルヴァリン 3」につながるヒントにもとづけば、ちょっと大胆な予想かもしれませんが、この少女は、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンのクローンの X-23 ではないか…?!という可能性もあり得るのではないでしょうか…?!


また、ウルヴァリンと老プロフェッサーX 、そして、謎の少女の X-23 ?!とが、どうして、カジノに行ったのか…?!はわかりませんが、そのカジノのある街がニューオーリンズともなれば、このスピンオフ映画シリーズの第1弾では、テイラー・キッチュが演じたミュータントのガンビットと会ったのかもしれない…と想像を膨らませた「X-Men」ファンの方もいらっしゃるのかも…?!


仮りにガンビットがカメオで登場するとなれば、テイラー・キッチュではなく、チャニング・テイタムが扮することになるだろうと思われますが、さて、CIAリーダーの「X-Men」ファンのみなさんは、この意外に意味がありそうかもしれないセット・フォトの光景について、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!


ジェームズ・マンゴールド監督が日本を舞台にして好評を博した前作(2013年)に引き続き、やっぱり、ちょっと異色の「X-Men」映画に仕上げてくれそうな最新作「ザ・ウルヴァリン 3」は、来年2017年3月3日から全米公開です!!、悪役に起用されたボイド・ホルブルック(「ゴーン・ガール」2014年)のほか、共演者は「ダウントン・アビー」のリチャード・E・グラント、「ホット・ファズ」(2007年)のステファン・マーチャント、「ER」のエリク・ラ・サルといった面子です!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA