**************************************************************************************************


キャラクター・ポスターを毎日、ちまちまと1枚ずつ小出しに披露するポスターの連投に継ぐ連投!!の大連投!!のお家芸?!が、ひんしゅくを買ってしまったワーナー・ブラザースだけに、それを反省をして、まとめて一度に全部のポスターをリリースしてくれるようになったか…と思われた昨日の「スーサイド・スクワッド」のキャラクター・ポスター11枚を一気に放出!!でしたが、どうやら、同社が反省した点は少し違っていたようで、せこく1枚ずつリリースする出し惜しみがよくないんでしょ?!、だったら、全部まとめて連投だ!!とばかりに、ポスターを披露するだけの同じ宣伝のくり返しは続けるようで、今日もまた悪役特攻部隊の11人のポスターをまとめて全部、一気にリリースしてくれました…!!





それぞれのキャラクターをシンボライズしたデザインを背景にした昨日のスタイリッシュで、クールな印象のポスターとは打って変わり、コミックヒーロー映画らしく?!、ナンセンスかつクレイジーで、カラフルなコミック風に仕上げられた「スーサイド・スクワッド」の新しいポスターです…!!とは言え…、


昨日も今日もポスターだけですか…と、退屈に思ってしまう方もいらっしゃるかと思うので、Twenty One Pilots が、サウンドトラックに提供した “ Heathens ” のミュージック・ビデオをあわせて、ご覧ください…!!、悪役特攻部隊の連中が収容されているベル・レイヴ刑務所を舞台にしたミュージック・ビデオには、若干ですが、実際の映画の本編カットが含まれ、初公開されています…!!



マーゴット・ロビーハーレー・クインに、カーラ・デルヴィーニュの魔女エンチャントレス、福原かれんちゃんのカタナという悪の3大ヒロインのほか、ウィル・スミスのデッドショット、アドウェール・アキノエ=アグバエのキラー・クロック、ジェイ・コートニーのキャプテン・ブーメラン、ジェイ・ヘルナンデスのエル・ディアブロ、アダム・ビーチのスリップノット、そして、ジャレッド・レトの極悪ジョーカーに、リーダーのリック・フラッグ役のジョエル・キナマンが加わった特攻部隊の “ タスク・フォース X ” を立ち上げる仕掛け人のアマンダ・ウォーラーとして、ヴァイオラ・デイヴィスも出演している悪のコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」は、今夏8月5日から全米公開です!!、DC・シネマティック・ユニバースの続報をお楽しみに…!!


From director David Ayer (“Fury,” “End of Watch”) comes “Suicide Squad,” starring Oscar nominee Will Smith (“Ali,” “The Pursuit of Happyness”), Oscar winner Jared Leto (“Dallas Buyers Club”), Margot Robbie (“The Wolf of Wall Street,” “Focus”), Joel Kinnaman (Netflix’s “House of Cards”) and Oscar nominee Viola Davis (“The Help,” “Doubt”).

It feels good to be bad… Assemble a team of the world’s most dangerous, incarcerated Super Villains, provide them with the most powerful arsenal at the government’s disposal, and send them off on a mission to defeat an enigmatic, insuperable entity. U.S. intelligence officer Amanda Waller has determined only a secretly convened group of disparate, despicable individuals with next to nothing to lose will do. However, once they realize they weren’t picked to succeed but chosen for their patent culpability when they inevitably fail, will the Suicide Squad resolve to die trying, or decide it’s every man for himself?

Written and directed by Ayer based on the characters from DC Comics, the film also stars Jai Courtney (“Insurgent”), Jay Hernandez (“Takers”), Adewale Akinnuoye-Agbaje (“Thor: The Dark World”), Ike Barinholtz (“Neighbors”), Scott Eastwood (“Fury”), Cara Delevingne (“Paper Towns”), Adam Beach (“Cowboys & Aliens”), and Karen Fukuhara in her feature film debut. It is produced by Charles Roven and Richard Suckle, with Zack Snyder, Deborah Snyder, Colin Wilson and Geoff Johns serving as executive producers.

Ayer’s behind-the-scenes creative team includes director of photography Roman Vasyanov (“Fury,” “End of Watch”), production designer Oliver Scholl (“Edge of Tomorrow”), editor John Gilroy (“Pacific Rim”), costume designer Kate Hawley (“The Hobbit” Trilogy) and Oscar-nominated visual effects supervisor Jerome Chen (“Stuart Little,” “Fury,” “The Amazing Spider-Man” films). The music is by Oscar-winning composer Steven Price (“Gravity”).







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA