**************************************************************************************************


マット・デイモンとポール・グリーングラス監督の名コンビの復活!!が、主に話題にとりあげられる最新作「ジェイソン・ボーン」ですが、ニッキー役のジュリア・スタイルズ(↑ 写真)は、他のキャストのジョアン・アレン、スコット・グレン、デヴィッド・ストラザーンらと違って、ジェレミー・レナー主演の「ボーン・レガシー」(2012年)には出演していませんから、彼女にとっても同じく、「アルティメイタム」(2007年)以来の約9年ぶりでシリーズに復帰した最新作!!ということになります…!!






シリーズ第5弾の最新作「ジェイソン・ボーン」が、先月4月下旬に披露された予告編だけでは物足りない!!、マット・デイモンのジェイソン・ボーンの活躍をもっと観たい!!というファンの方にとっては、うれしい初公開のカットを含んだ新しいプロモーション・ビデオを、製作・配給のユニバーサル映画がリリースしたので、お楽しみ下さい…!!


ジェレミー・レナーが主演するとは、まだ決まっていなかった2010年末の時点で、あろうことか、ジェイソン・ボーンの自分を抜きにして、「ボーン」シリーズの映画、つまり、「レガシー」が作られることをネットの映画記事で知ったマット・デイモンが、イギリスの映画メディア、エンパイアを通じて、製作のユニバーサル映画に対し、“ お前らは、俺に電話の1本すらもかけてこなかった…!! ” と吐き捨て、怒り心頭に発した挙げ句、いきなり他社のワーナー・ブラザースで、新しい「ボーン」シリーズを作ってやる…!!とまで息巻いたことを覚えていらっしゃる方にとっては、ビデオの冒頭で、“ 空港や街角で、ファンに呼びとめられ、真っ先に尋ねられるのは、もう「ボーン」シリーズはやらないの…?!なんだ… ” などと述べ、自分がどれだけ、ジェイソン・ボーン役に想い入れを抱いているかを、はにかみながら語る様子を見て、本当にすべてが元の鞘に収まって、よかったな…!!と思える第5弾は…、

《関連記事》
Bourne : ユニバーサル映画と関係者の方に、マット・デイモンからの大切なお知らせ!!、お前らにむかついたので、ワーナー・ブラザースで新しい「ボーン」シリーズを作ってやる!!(11.1.10)


トレッド・ストーン作戦によって、人間兵器とも言えるスーパースパイのジェイソン・ボーンを造りだした CIA の側の登場人物の顔ぶれが、冒頭でふれた「レガシー」に出演したジョアン・アレン、スコット・グレン、デヴィッド・ストラザーンらから、上 ↑ の写真のように、名優トミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ヴィキャンデルという新しいキャストに代わっているので、すべてが元の鞘に収まったわけではないのかもしれませんが、ポール・グリーングラス監督が、“ CIA は、ボーンを取り戻そうとするんだ… ” と新展開?!を語り、その背景に事情の意味があるらしいことをほのめかしてくれているので、その筋書きによって、ジェイソン・ボーンをめぐる CIA 内部の人物の入れ替えは納得できるのかもしれませんね…!!


「ザ・デニッシュ・ガール」(2015年)の演技で、オスカーの最優秀助演女優賞に選ばれた新ヒロインのアリシア・ヴィキャンデルが、シリーズ復活の「トゥーム・レイダー」の主演に抜擢されたことを踏まえると、ジェイソン・ボーンとララ・クロフトの共演だ…!!と言うことができる「ジェイソン・ボーン」は、今夏7月29日から全米公開!!、その他の共演者は、「ブリッジ・オブ・スパイズ」(2015年)のスコット・シェパード、「ジャンゴ・アンチェインド」(2012年)のアト・エサンドー、「ナイトクローラー」(2014年)のリズ・アーメッド、そして、「イースタン・プロミス」(2007年)のヴァンサン・カッセルが、マット・デイモンと対決する暗殺者の役を演じてくれています!!


Matt Damon returns to his most iconic role in Jason Bourne. Paul Greengrass, the director of The Bourne Supremacy and The Bourne Ultimatum, once again joins Damon for the next chapter of Universal Pictures’ Bourne franchise, which finds the CIA’s most lethal former operative drawn out of the shadows.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA