**************************************************************************************************


トム・ハンクス主演の「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ…という書き方について、「ダ・ヴィンチ・コード」は、あくまでも、10年前の2006年に封切られた映画シリーズ第1作めのタイトルであって、各映画に共通しているのは、トム・ハンクスが宗教象徴学の教授、ロバート・ラングドンを演じていることなんだから、トム・ハンクス主演のロバート・ラングドン・シリーズとする方が適切では…?!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…、







その第1作めの「ダ・ヴィンチ・コード」が、全世界のトータルで約7億5,824万ドルもの金額を売り上げるメガヒットだったのに対して、3年後の2009年に公開された続編「天使と悪魔」は、売上げを大きく落として、最終的な数字が約4億8,593万ドルでした。よって、世間の多くの人は、ロバート・ラングドン教授というキャラクターではなくて、「ダ・ヴィンチ・コード」のミステリーの謎解きに関心を抱いたと言えそうなわけですから、インディアナ・ジョーンズや、ランボーのように主人公の名前をあげるよりは、「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズと書いたほうが、あぁ、あの映画の続篇か…!!と、ピンとくる人が多いことになる第3弾「インフェルノ」が初公開した予告編です…!!


映画シリーズでは第3弾でも、原作者のダン・ブラウンにとっては、ロバート・ラングドン教授の活躍を描いた4冊めの「インフェルノ」の邦訳本を出版する角川書店の紹介によれば…、
“ フィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は、ここ数日の記憶がないことに動揺していた。そこに何者かが襲いかかる。医師シエナと逃げ出したラングドンは、ダンテ『神曲』〈地獄篇〉に手がかりがあると気付くが。 ”
“ 医師シエナとともに、ヴェッキオ宮殿に向かったラングドンは、監視カメラにダンテのデスマスクを盗み出す自分の姿を見出し、驚愕する。マスクの所有者で大富豪のゾブリストは、壮大な野望の持ち主だった。 ”
“ 大富豪・ゾブリストは、人口爆発で人類が滅亡するという説を唱えていた。彼の取り組む遺伝子研究を危険視する WHO、得体の知れぬ男達に追われるラングドン教授。舞台はイスタンブールへと移り、クライマックスへ! ”

…とのことで、スイッチを入れると地球の人口の半分が死に絶えるが、でも、もし、そうしなければ、人類は滅ぶことになる…!!と恐ろしいことを述べ、そのスイッチを入れるか否か?!の究極の決断を 《 人類の最後の希望 》 のトム・ハンクスに委ねるらしい声の主は、世界的に少子化が問題視されている現代を背景に、人口爆発で人類が滅亡することを危惧して、バイオテロを仕掛けることに…!!といったサスペンスの展開が察せられるわけですが…、


やはり、「ダ・ヴィンチ・コード」ほどには、謎が謎を呼ぶミステリーの魅力が感じられないことから、ロン・ハワード監督は、ストーリーよりもサスペンス・アクションの目を楽しませる要素の方に力を入れようと思ったのか?!、あるいは、ソニピのマーケティング・チームが、レオナルド・ダ・ヴィンチと違って、ダンテ・アリギエーリは集客力に欠ける…などと考えて、予告編をサスペンス・アクション風に仕上げたのか?!は何とも言えませんが、7年ぶりに復活したシリーズが再び、ブームを巻き起こす可能性は、前述の「天使と悪魔」の実績を踏まえても、ちょっと低いような感じがしないでもないですね…。


第1作めの「ダ・ヴィンチ・コード」で、ミステリーの謎解きに匹敵するほど、大きな話題になった?!変な髪型で登場したほうがよかったのかもしれないトム・ハンクスのロバート・ラングドン教授と一緒に冒険に挑むヒロインの女医シエナは、今年末12月16日から全米公開の「スター・ウォーズ」アンソロジーの第1章「ローグ・ワン」の戦うヒロイン、ジン・アソとして注目が寄せられているフェリシティ・ジョーンズ!!、少子化よりも人口の増加を危惧する悪役の大富豪ゾブリストは、「ローン・サバイバー」(2013年)などのベン・フォスター。その他の共演者に、「ジュラシック・ワールド」(2015年)のオマール・シーと、「ジュラシック・ワールド」(2015年)のイルファーン・カーンが登場する「インフェルノ」は、今秋10月14日に世界各国で封切りのあと、10月28日から全米公開です…!!


なお、2009年に出版された小説シリーズの第3巻「ロスト・シンボル」は映画化されずに、2013年出版の第4巻「インフェルノ」が先に作られてしまった事情については、実際のところ、何とも言えませんが、やはり、「天使と悪魔」の結果が期待ハズレだったことを振り返ると、おのずと察することができるのではないでしょうか…?!


Academy Award® winner Ron Howard returns to direct the latest bestseller in Dan Brown’s (Da Vinci Code) billion-dollar Robert Langdon series, Inferno, which finds the famous symbologist (again played by Tom Hanks) on a trail of clues tied to the great Dante himself. When Langdon wakes up in an Italian hospital with amnesia, he teams up with Sienna Brooks (Felicity Jones), a doctor he hopes will help him recover his memories. Together, they race across Europe and against the clock to foil a deadly global plot.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA