**************************************************************************************************


「ザ・ラスト・ナイト」という副題が先ごろ、発表された「トランスフォーマー」シリーズの最新作(2017年6月23日全米公開)を現在は撮影中のマーク・ウォールバーグ番長が、やはり、実話の映画化だった「ローン・サバイバー」(2013年)のピーター・バーグ監督とあらためて、コンビを組んだディザスター映画の新しい予告編とキャラクター・ポスターを、製作・配給のライオンズゲート・サミットがリリースしたので、チェックしておいてください…!!







約2か月前の3月下旬に初公開された予告編では、マーク・ウォールバーグが演じる主人公のマイクと、ケイト・ハドソン扮する妻、そして、子役のステラ・アレンちゃんが起用された娘という家族3人の仲むつまじい様子に焦点をあてながら、原油流出事故の惨事を対比させていた「ディープウォーター・ホライズン」が、より修羅場の光景を披露してくれた新しい予告編です…!!


2010年4月10日に、ルイジアナ州沖合のBP社(ブリティッシュ・ペトロリアム)の石油掘削施設、ディープウォーター・ホライズンで発生した事故は、11名もの命が失われ、17名が負傷をし、87日間にもわたって、約78万キロリットルもの原油を、メキシコ湾に流し続けた…という深刻にして、規模の大きな惨事だっただけに、その後の環境破壊の問題まで含めると、本当は “ ディザスター映画 ” などと娯楽的に紹介してはいけないのかもしれません。しかし…、


劇映画化にあたっては、現実の事故がはらむ問題の一切合切を盛り込むわけにもいかないので、被害を最小限に食い止めようと奮闘しつつ、お互いに助け合った作業員たちをヒーロー化して、ドラマチックに描くのは、やはり、最もわかりやすく、かつ共感を得られそうだけに、そうなってしまう次第ですが、さて、冒頭でふれた「ローン・サバイバー」のみならず、過去には、ジェイミー・フォックス主演の「ザ・キングダム」(2007年)といった社会派エンタテインメントの傑作をモノにしてるピーター・バーグ監督は、新たな代表作を作り上げたのか…?!、CIAリーダーのみなさんは、「ディープウォーター・ホライズン」の新しい予告編をご覧になって、どんな感想をお持ちになられたでしょう…?!


ケイト・ハドソンが初めて、この映画で父娘共演を果したパパの名優カート・ラッセルはじめ、「メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエン、TVシリーズ「ジェーン・ザ・ヴァージン」のジーナ・ロドリゲス、そして、高齢者アクション映画の「RED」シリーズでも存在感を発揮してくれた名優ジョン・マルコヴィッチらが共演者に名前を連ねている「ディープウォーター・ホライズン」は、初秋の9月30日から全米公開です…!!


On April 20th, 2010, one of the world’s largest man-made disasters occurred on the Deepwater Horizon in the Gulf of Mexico. Directed by Peter Berg (Lone Survivor), this story honours the brave men and women whose heroism would save many on board, and change everyone’s lives forever.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA