**************************************************************************************************


リドリー・スコット監督が、自らのSF映画の金字塔「エイリアン」(1979年)の前日譚として、約33年間の時を隔てて、2012年に発表した「プロメテウス」の続篇に主演する注目の女優としては、先々月の10月半ばにお伝えしたように、今夏のスパイ・アクション映画の大ヒット作「ミッション: インポッシブル ‐ ローグ・ネイション」で大活躍をしたレベッカ・ファーガソンの名前があがっていましたが、今月12月はじめになって、イルサが引き続き、トム・クルーズとチームを組んで、新たなミッションに挑むことが明らかになっただけに、案の定、別の女優が「エイリアン」のルーツをたどることになりました…!!




リドリー・スコット監督が、計4本もの映画で構成するクワドロジーとして、「エイリアン」のルーツをたどるプリクエールの2本め「エイリアン: コブナント」の主演女優として、「インヘアラント・ヴァイス」(2014年)などで実力を発揮し、「ハリポタ」のスピンオフ映画の話題作「幻の動物とその生息地」(2016年11月18日全米公開)の主演女優にも抜擢されたキャサリン・ウォーターストンの起用が正式に決定したことを、業界メディアの DeadlineThe Wrap とが、ほぼ同時に伝えてくれました…!!


オーストラリア・シドニーのFOXスタジオを製作拠点として、来春2016年3月のクランクインが予定されている「エイリアン: コブナント」は、銀河の最果ての前人未踏の惑星にたどり着いたはずの植民船コブナントの乗組員たちが、思いがけず、その星の唯一の住人として、前作から引き続き、出演するミヒャエル・ファスベンダーのアンドロイド、デヴィッドと出会うことに…!!といったプロットだけに、キャサリン・ウォーターストンが演じる “ ダニエルズ ” という名前らしいキャラクターは、まず十中八九、間違いなく植民船コブナントの乗組員のひとりかと憶測されますが、具体的にどのような立場の役どころとして、デヴィッドと絡むことになるのか?!、物語の展開の詳細については、もちろん、まだ明らかにされていません…。


よって、シガーニー・ウィーバーのエレン・リプリー、ノオミ・ラパスのエリザベス・ショウに続く、「エイリアン」シリーズの新たなヒロインの第3の女?!として、キャサリン・ウォーターストンが、ダニエルズ役にふさわしいのか、どうか?!は、何とも言えませんが、ひとまず、ミヒャエル・ファスベンダーとしては、上 ↑ の写真のように、Apple創業者の故人を演じた「スティーブ・ジョブズ」では、娘を認知するしないでもめた元恋人のクリスアン・ブレナン役だった共演者と、あらためて顔合わせをすることになりましたね…!!


リドリー・スコット監督の「エイリアン」シリーズ最新作「コブナント」は、再来年の2017年10月6日から全米公開の予定です!!、「エイリアン」シリーズの続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA