**************************************************************************************************


テレンス・マリック監督(「ザ・ツリー・オブ・ライフ」2011年)や、ポール・トーマス・アンダーソン監督(「ザ・マスター」2012年)といった、こだわりの名匠たちとのコンビで知られる美術監督のジャック・フィスクが、Yahoo Movies のメリア・ドティの取材に応じたコメントによれば…、
“ 彼はきっと後から、吐き出したと思うんだけれど…、忠実な描写のために、自分を限界に追い込む彼に、ぼくはとても強い感銘を受けたんだ。 ”
…とのことで、本来はベジタリアンで、菜食主義のレオナルド・ディカプリオは、自分の役どころである実在の人物のヒュー・グラスになり切って、荒野のサバイバルを生き延びるために、現実に生のレバーに食らいついて、呑み込んでみせたそうです…!!







リチャード・C・サラフィアン監督の復讐ウエスタンのカルト映画「荒野に生きる(Man in the Wilderness)」(1971年)で描かれた実話を、オスカー4冠の傑作「バードマン」(2014年)をモノにしたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督があらためて描いた最新作「ザ・レブナント」の新しい予告編を、配給の20世紀FOXがリリースしてくれました!!

今夏7月半ばに披露された第1弾の予告編は、主に映画のイメージを伝えることを目的として、「バードマン」から引き続き、コンビを組んだ名カメラマンのエマニュエル・ルベツキが照明を使わずに撮影した大自然を背景とする荒々しい戦闘の様子などの見せ場をダイジェストにモンタージュした内容だったため、物語の具体的な展開に踏み込んではいませんでしたが…、


上 ↑ の新しい第2弾の予告編では、1823年を舞台に、ロッキー・マウンテン・ファー・カンパニーに雇われ、野性の動物を仕留めては、毛皮を剥ぐハンターの仕事に従事していたレオナルド・ディカプリオ扮する主人公のヒュー・グラスがグリズリーに襲われて、瀕死となった挙げ句、哀れにもトム・ハーディ扮する同僚のジョン・フィッツジェラルドに見捨てられて、生き埋めにされたばかりか、息子(イザイア・トゥートゥーシス)まで殺され、自分のすべてを奪われてしまった…!!という憎々しい悪役のトム・ハーディの鬼畜ぶりを紹介することで…、


どうして、ヒューが死の淵から蘇って、“ 黄泉の国から帰ってきた亡霊 ”=“ ザ・レブナント ” になったのか?!、皮肉にも、ヒューの生命を支えることになった凄まじい復讐心の根拠が、物語の時系列にそって、わかりやすく紹介され、レオ VS.トム・ハーディの死闘のクライマックスに期待を抱かせてくれています…!!


前述の美術監督のジャック・フィスクによれば、上 ↑ の写真の夜の狩猟に出かけるシーンでも、やはり、カメラマンのエマニュエル・ルベツキは照明を一切、使わず、午後5時半から7時半頃までの日没時の微妙な陽の光だけを頼りに、素早く撮影してしまったそうです…!!

また、およそ1万頭ものバッファローの頭蓋骨を積み上げた骨塚と対峙するレオのヒュー・グラスのイメージは…、


夢のシーンの一部だそうですが、アート好きの方はおわかりのように、戦争をテーマにした作品で知られるロシアの画家、故ヴァシーリー・ヴェレシチャーギン(1904年の日露戦争時に没)の代表作「戦争の結末(The Apotheosis of War)」の引用として解釈されています。


共演者として、「ザ・メイズ・ランナー」(2014年)のウィル・ポールター、「スター・ウォーズ : ザ・フォース・アウェイクンズ」(12月18日世界公開)のドーナル・グリーソンらの姿が、予告編でかいま見られた「ザ・レブナント」は、北米で今年末12月25日のクリスマスに限定公開で封切りの後、来年2016年1月8日から全米の映画館に拡大上映!!


レオの息子を殺した背景として、ネイティブ・アメリカンに対し、差別の感情を抱いているらしい鬼畜のトム・ハーディを追って、復讐鬼のレオが約322キロもの野性の決死行に挑むらしいリメイク版「荒野に生きる」の新しい予告編をご覧になられて、CIAリーダーの映画通のみなさんは、来春のオスカーに、いったい、何部門でノミネートされると予想なさったでしょう…?!


Deep in the uncharted American wilderness, hunter Hugh Glass (Leonardo DiCaprio) is severely injured and left for dead by a traitorous member of his team, John Fitzgerald (Tom Hardy). With sheer will as his only weapon, Glass must navigate a hostile environment, a brutal winter, and warring Native American tribes in relentless quest to survive and exact vengeance on Fitzgerald.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA