**************************************************************************************************


ありんこサイズのヒーローだけに?!という訳ではないでしょうが、ディズニー・マーベルにとって、最新作「アントマン」は、2本のコミックヒーロー大集合映画の大作「アベンジャーズ : エイジ・オブ・ウルトロン」(全米公開中)と「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」(2016年5月6日全米公開)との間で、言わば、箸休め?!として、気楽に観られる気分転換の小品?!とも言える位置づけになっているコミックヒーロー映画ですが、では、その製作費が約1億3,000万ドルの小品?!のオープニング成績の見込みはと言えば…、







Pro.Boxoffice.com の興業アナリストのショーン・ロビンスが、現在までの鑑賞券の前売りの状況や、映画の認知率などのデータから推測したオープニング成績の見積もりは、だいたい、5,500万ドルから6,000万ドルの前後とのことですから、「エイジ・オブ・ウルトロン」が先月5月に叩き出した約1億9,127万ドルもの巨額オープニング成績は別格として、比較にならないとしても…、
広 告


それぞれのシリーズの第1弾として、ともに2011年に封切られた「ソー」=約6,572万ド(3,955館)ル、「キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー」=約6,505万ドル(3,715館)の封切り成績の記録を下回ってしまい、ディズニー・マーベルのシネマティック・ユニバースの作品としては、最も小規模なヒット作として、「アントマン」は、ワースト№1の最下位のビリの映画になってしまいます…!!


つまり、今年2015年のサマーシーズンの興業バトルで言えば、「アントマン」は、歌うコメディ映画の続篇「ピッチ・パーフェクト 2」=約6,921万ドル(3,473館)に敗北してしまう可能性が、少なくとも現時点では高いわけですが、しかし、現地ロサンゼルスで昨日の6月25日(木)に行われた最も最初のプレス試写の結果は、おおむね絶賛でしたから、これから、そうした「アントマン」はおもしろい…!!という口コミが拡がって、前売りのセールスに弾みがつくことも充分に考えられます。


上 ↑ のように、映画ジャーナリストのスティーヴ・フロスティーは、エンド・クレジットの最後に、必見のオマケのシーンもある「アントマン」をホメてますが、その反対に当然、下 ↓ のマイク・サンプソンのように、残念ながら退屈だった…というコメントもあります。しかし、総じて言えば、好評の方が明らかに多い結果となっています…!!



さて、「アントマン」は、ありんこサイズのヒーローだけに?!、マーベル・シネマティック・ユニバース史上で最も小さなヒットになってしまうのか…?!、その答えが出る全米公開日は、来月7月17日です…!!


《関連記事》
Ant-Man:マーベルのコミックヒーロー映画の新シリーズ「アントマン」が、ありんこサイズの極小ヒーロー誕生の経緯を紹介した本当の予告編を、ついに初公開!!(15.1.7)
Ant-Man:マーベルのコミックヒーロー映画の最新作「アントマン」が、最初の1枚めのポスターをリリース!!、お笑い俳優のポール・ラッドがコスチュームを身に着け、ヒーローに変身した全身のイメージを初めて、披露してくれた!!(15.1.7)
Ant-Man:コミックヒーロー映画の最新作「アントマン」がリリースした、ありんこサイズの予告編の予告編と、悪役イエロージャケットの姿を初めて、明らかにした新しいバナー・ポスター!!(15.1.3)
Ant-Man : マーベルのコミックヒーロー映画の最新作「アントマン」の悪役のイエロージャケットのコスチュームのテスト撮影が流出したのでは…?!と考えられている写真!!(14.11.8)
Ant-Man : マーベルのコミックヒーロー映画の最新作「アントマン」のヒロイン、エヴァンジェリン・リリーと、名優マイケル・ダグラスの父娘が登場したアクション・シーンのセット・フォト!!(14.10.26)
Ant-Man: ディズニー・マーベルの新しいコミックヒーロー映画「アントマン」が、お笑い俳優のポール・ラッドが演じる主人公のスコット・ラングの写真を初公開!!(14.8.20)
Ant-Man: ディズニー・マーベルが新しいコミックヒーロー映画「アントマン」のコミコン限定版のポスターをリリース!!(14.7.24)
Ant-Man:マーベルの新しいコミックヒーロー映画「アントマン」の新監督に、「イエスマン」のペイトン・リード監督が正式に決定!!、監督就任を辞退したアダム・マッケイ監督が脚本を書き直すことで、エドガー・ライト監督色を完全に払拭!!(14.6.8)
Ant-Man: ショック!!、ディズニー・マーベルのコミックヒーロー映画の最新作「アントマン」から、エドガー・ライト監督が電撃降板!!、新監督で、再スタートを切ることになった!!(14.5.24)
Ant-Man: エドガー・ライト監督のマーベルのコミックヒーロー映画の最新作「アントマン」で、体のサイズを自在に変えるヒーロー役に、「俺たちニュースキャスター」などのコメディ俳優 ポール・ラッドが決定!!(13.12.19)
Ant-Man: エドガー・ライト監督がメガホンをとるマーベルのコミックヒーロー映画の最新作「アントマン」が、アリのように小人化するヒーローの写真を初めて公式にリリース!!(13.10.3)
Antboy: 不思議なアリに噛まれた小学生がヒーローに生まれ変わるデンマーク発のコミックヒーロー映画の最新作「アントボーイ」が初公開した予告編とポスター!!(13.7.6)

The next evolution of the Marvel Cinematic Universe brings a founding member of The Avengers to the big screen for the first time with Marvel Studios’ “Ant-Man.” Armed with the astonishing ability to shrink in scale but increase in strength, master thief Scott Lang must embrace his inner hero and help his mentor, Dr. Hank Pym, protect the secret behind his spectacular Ant-Man suit from a new generation of towering threats. Against seemingly insurmountable obstacles, Pym and Lang must plan and pull off a heist that will save the world.

Marvel’s “Ant-Man” stars Paul Rudd as Scott Lang aka Ant-Man, Evangeline Lilly as Hope Van Dyne, Corey Stoll as Darren Cross aka Yellowjacket, Bobby Cannavale as Paxton, Michael Peña as Luis, Tip “T.I.” Harris as Dave, Wood Harris as Gale, Judy Greer as Maggie, David Dastmalchian as Kurt, and Michael Douglas as Dr. Hank Pym.

Peyton Reed directs Marvel’s “Ant-Man” with Kevin Feige producing and Louis D’Esposito, Alan Fine, Victoria Alonso, Michael Grillo, Edgar Wright and Stan Lee serving as executive producers. The story is by Edgar Wright & Joe Cornish and the screenplay is by Edgar Wright & Joe Cornish and Adam McKay & Paul Rudd.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA