**************************************************************************************************


ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」(2014年)のヨンドゥ=マイケル・ルーカーが人食いハンニバル・レクターのモデルになったと言われる実在の連続殺人鬼の役を演じた「ヘンリー: ある連続殺人鬼の記録」(1986年)と、ケヴィン・ベーコンに、マット・ディロン、ネーブ・キャンベルデニース・リチャーズらが出演したエッチなクライム・サスペンス「ワイルド・シングス」(1998年)がカルト映画として、マニアックな映画ファンに支持され、知る人ぞ知るといった存在のジョン・マクノートン監督が、一昨年の2013年に映画祭で発表し、出来栄えとしては、まずまずの高評価を得られたものの、恐らくは子どもをネタにした残酷な内容が敬遠されて、オクラ入りになっていた「ザ・ハーヴェスト」が、ついに予告編を初公開したので、映画マニアの方はぜひ、チェックしておいてください…!!








「アイ・アム・レジェンド」(2007年)で、ウィル・スミスのもとに現われるアリシー・ブラガの息子の役を演じていたほか、ティム・バートン監督が自作をセルフ・リメイクした長編版の「フランケンウィニー」(2012年)で、主人公の少年の声を担当したことなどで知られるチャーリー・タハンと、サム・ライミ監督がプロデューサーとして、ユダヤの呪われた飾り木箱の都市伝説を映画化したホラー「ザ・ポゼッション」(2012年)に主演したナターシャ・カリスちゃんとが共演した「ザ・ハーヴェスト」を配給することにした IFC が披露してくれた予告編です…!!


70年代のちょっと懐かしいホラー映画みたいな題名がつけられたカルト作のお話は…、まぁ、ほとんど、ネタバレに近いぐらい、中身を紹介している予告編を観れば一目瞭然ですが、今や伝説的な存在のピーター・フォンダが演じる祖父と、レスリー・ライルズ(「ブラック・スワン」2010年)の祖母と一緒に、どうやら訳ありな雰囲気で街はずれに引っ越してきたナターシャ・カリスちゃんの少女マリアンが、近所に暮らす寝たきり状態に近い少年のアンディ=チャーリー・タハンと知り合い、友だちになるのですが、本来なら、病気で独りぼっちの息子に友だちができて、よろこぶべきはずの母のキャサリンは、マリアンの訪問を厳格に拒否することに…、


…といった次第で、「マイノリティ・リポート」(2012年)で印象を残したサマンサ・モートン扮する女医のキャサリンが、実は病気の息子を看病する母ではなく、「ミザリー」(1990年)のキャシー・ベイツと同じ類いのサイコだったわけですが、「マン・オブ・スティール」(2013年)のゾッド将軍=マイケル・シャノンが演じる夫のリチャードも、同様に狂っているのか…?!、非道なホラー・スリラー「ザ・ハーヴェスト」は、北米で来週末の4月10日から VOD で配信と同時に、一部の映画館で上映です…!!


In his first film in nearly 15 years, the director of Henry: Portrait of a Serial Killer harks back to the depravity that made his 1986 debut a horror milestone. But less based in reality, The Harvest is closer to a fairy tale from Grimm’s darkest corners. Maryann (Natasha Calis) moves in with her grandparents after she’s orphaned. Desperately lonely, the preteen sets out to befriend a neighboring deathly ill, bed-ridden boy (Charlie Tahan), despite the outright disapproval of his mother (Samantha Morton). Maryann’s persistence pays off, however, and during a series of secret visits she gradually uncovers some seriously sinister goings-on in the house… Morton as the boy’s overprotective surgeon mom is the stuff of great screen villainy—at once utterly monstrous and tragically desperate—so much so that she makes even frequent heavy Michael Shannon, as the more subdued dad, pale in comparison.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA