**************************************************************************************************


クエンティン・タランティーノ監督が前作「ジャンゴ・アンチェインド」(2012年)に引き続き、ウエスタン映画のジャンルに取り組んだ最新作「ザ・ヘイトフル・エイト」の写真を、エンタテインメント・ウィークリーのカバーで初公開してくれました!!、左から順に、タランティーノ映画には、とにかく登場するニック・フューリーが演じる賞金稼ぎのマーキス・ウォーレン、中央の女性は、ジェニファー・ジェイソン・リー(「マシニスト」2004年)が起用された逃亡者のデイジー・ドマーグ、そして、右端は、そのデイジーを捕まえた賞金稼ぎとして、「デス・プルーフ」(2007年)のカート・ラッセルが演じるジョン・ルースです!!、吹雪で立ち往生した駅馬車に乗り合わせた者たちの間で緊張が高まっていくスリルを描いた「ザ・ヘイトフル・エイト」の実際の封切り日は未定ですが、今年2015年末には全米の映画館に登場!!、その他の出演者は、チャニング・テイタムをはじめ、ブルース・ダーン、マイケル・マドセン、ティム・ロス、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ゾーイ・ベルといった顔ぶれです…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ザック・スナイダー監督のバットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティスを DC・アニメ・ユニバース化してみた予告編!!



「マン・オブ・スティール」(2013年)を第1作めとしてスタートした実写映画のDC・シネマティック・ユニバースより約20年も早く、90年代の初めに始まったDC・アニメ・ユニバースのタッチで、「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)をアニメ化してみた予告編です…!!、スーパーマンに仕えるようにひざまずいた、謎のスーパーマン・アーミー?!の兵士たちの腕に “ S ” マークがついていることが、実写の本当の予告編よりも、わかりやすく描かれていますね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA