**************************************************************************************************


昨2014年末に、エドガー・ライト監督(「ザ・ワールズ・エンド」2013年)の推薦により、ミュージック・ビデオのディレクター、コリン・ハーディにメガホンが託されることになったニュースをお伝えしたリメイク版「ザ・クロウ」は、実はその時点でもう、主演予定のルーク・エヴァンズ(「ドラキュラ・アントールド」2014年)が降板してしまっていたのですが、製作のレラティビティが新たな主役の候補として、テレビシリーズ「ボードウォーク・エンパイア」のジャック・ヒューストンの起用を検討している動きを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが伝えてくれました!!、監督と主演俳優が次々と入れ替わるだけで、まったく前進しない難産の「ザ・クロウ」だけに、果たして、コリン・ハーディ監督とジャック・ヒューストンのコンビで、クランクインにこぎつけられるのか?!、もはや、何とも言えませんが、実現に至った場合、ジャック・ヒューストンとしては、現在撮影中のティムール・ベクマンベトフ監督のリメイク版「ベン・ハー」(2016年2月26日全米公開)に次いで、主演俳優として注目を集めるプロジェクトになりそうですね…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


クレイ・アニメのブラックなSFショート・ホラーアナと雪の物体X!!



人気キャラのピングーを使って、ジョン・カーペンター監督のSFホラー「遊星からの物体X」(1982年)を再現するも、著作権侵害のクレームを突きつけられたことから、オリジナルのネコのキャラクターで作り直すハメになったクレイ・アニメーターのリー・ハードキャッスルさんが、あらためて、ディズニー・アニメ「フローズン」(2013年)のキャラクターで、「遊星からの物体X」をパロデイしてみたショート・アニメです!!、昔と違い、現在のディズニーは、あからさまに商売にしていない限り、ファンメイドも宣伝のひとつと割り切り、誰かが勝手にキャラクターを使用することに寛容ですから、ピングーの時のようなトラブルは、たぶん、起こらないはずです…!!



映画の中に登場したフェイクの映画を集めた映画中映画のコンピレーション・ビデオ!!



ケヴィン・スミス監督の「ジェイ&サイレント・ボブ:帝国への逆襲」(2001年)に登場した「グッド・ウィル・ハンティング2:ハンティング・シーズン」や、「イングロリアス・バスターズ」(2009年)の「国民の誇り」のほか、ダーク・ディグラーAKAマーク・ウォルバーグが主演したポルノ映画などを集めたコンピレーション・ビデオです…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA