**************************************************************************************************


Badass Digest のスコット・ワンプラーが、トビー・フーパー監督のスプラッター・ホラー映画の古典「悪魔のいけにえ」(1974年)を描いた、ご覧の文字通り、目を見張るポスターを紹介してくれたました…!!、作者のアーティストは、カナダ・トロント在住のジェイソン・エドミストンさんですから、昨2014年末に、スタローン隊長の「ロッキーⅣ: 炎の友情」(1985年)のアート・ポスターを披露してくれた方ですね…!!、その以前のユニークなポスターと同様に、やはり、目のつけどころが際立っています…!!、なお、「悪魔のいけにえ」は前日譚を描く最新作「レザーフェイス」が製作される予定です…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ザック・スナイダー監督のサッカーパンチの世界観をデザインしたアーティストに人気ホラー監督のアダム・グリーンがトリビュートして自ら主演までした最新作ディギング・アップ・ザ・マロウの予告編!!



レイ・ワイズ(「X-Men: ファースト・クラス」2011年)が演じるウィリアム・デッカーという人物から、この世界には現実にモンスターが存在している…!!という情報提供のコンタクトを受けたホラー映画監督のアダム・グリーンが、その訴えの真偽を検証しようと、ウィリアムを取材して、モンスター探しのドキュメンタリー映画を作り始めたところ…ッ!!といった設定で、「ハチェット」シリーズや、「フローズン」(2010年)などで、ホラー・マニアに人気の同監督が、自分の役で主演した最新作「ディギング・アップ・ザ・マロウ」の予告編です!!、映画自体の評価はさておき、そのクールなヴィジュアルで、カルト的な人気を博しているザック・スナイダー監督の「サッカーパンチ」(2011年)のイメージをデザインしたアーティストのアレックス・パーディとコラボした、このモッキュメンタリーは、ホラー映画として、観客を怖がらせるよりかは、アレックス・パーディが描きだす独特のモンスター・アートの世界を実写化したことが見どころのようなので、主に同アーティストのファンの方にとって、たまらない作品ですね!!、なお、ご覧のようにインディーズ映画の「ディギング・アップ・ザ・マロウ」は、北米では来月2月中に巡回上映のような形のツアーで公開のあと、翌3月24日に Blu-ray / DVD がリリースされるようです…!!、ホラーや、モンスターの好きな方は、ちょっと変わり種の作品として、チェックしておいてください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA