**************************************************************************************************


ご覧のように、犬にエサをあげているロボットのチャッピーの人工知能が、無垢な動物を見て、愛らしいと思い、癒やされる人間と同じような気持ちになるのであれば、そうした穏やかさとは正反対の怒りや、恨みといった敵意、また、他人を傷つけようとする悪意すらをも抱く可能性は当たり前に考えられることになります。だとしたら、人間を超えたパワーを持つロボットに、素手で立ち向かっても勝てないだけに、ロボットはモンスターのようになってしまいますが、果たして、ロボットの性格は、あらかじめプログラムで決定づけることができるのか?!、それとも学習能力があるのだから、置かれた環境や、育てる親の考え方の教育方針次第で、ロボットの人格も決まるのでしょうか…?!









初公開のポスターを昨日、紹介して、お約束しておいた、ニール・ブロムカンプ監督の最新作「チャッピー」の予告編を、ソニピがリリースしてくれました!!、最初の第1弾の予告編だけに、物語の展開の核心にまで踏み込んで詳しくは、映画の内容を披露してくれてはいないのですが、誕生したばかりのロボットのチャッピーが、最初は外界に恐れを抱いていたのが、人に馴れて、まるで人間の子どもさながらに、アニメを観るなどして、様々な事を学ぶユーモラスな姿を観せた後、イジメに遭っているらしい光景や、ストリートギャングに変貌?!してしまった様子などからすると、冒頭のように、人工知能が学習して、順応するのであれば、ロボットも人間と同じように善人にも悪人にも、どのような存在にも成り得るはずだが?!といった、もしかすると将来、社会が直面するのかもしれないテクノロジーの課題がテーマにされているように観受けられますね…!!


そうした人間の子どもと同様に、無限の可能性があり得る人工知能について、“ A.I. の厄介な点は、まったく予想がつかないことだ!! ” と、警告に近い苦言を呈しているヒュー・ジャックマン扮するヴィンセントが、そのようにロボットに不信感を抱くのは、今夏の大ヒット作「X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト」で、センチネルに苦しめられた経緯を思えば当然ですが、その一方、「リアル・スティール」(2011年)では、ロボットによって、人生どん底の落ち目から這い上がることができていただけに、そんなウルヴァリンを起用したニール・ブロムカンプ監督のキャスティングのセンスは絶妙のように思えますが、ヴィンセントとチャッピーとの間柄は一体、どのような決着を観せることになるのか…?!が楽しみな「チャッピー」は、来春2015年3月6日から全米公開です…!!


監督デビュー作の「ディストリクト9」(2009年)では、エイリアン隔離政策を持ち出し、前作「エリュシオン」(2013年)では、格差社会を取り上げていたことからして、広い意味で、差別や、また、その差別に晒される異端者の立場を描くのが一貫した作家性のように思えるニール・ブロムカンプ監督が、未知の要素の多い人工知能を異端として、差別の対象に置いたらしい「チャッピー」の出演者は、「ザ・ベスト・エキゾチック・マリゴールド・ホテル」(2012年)のデーヴ・パテール、「アバター」シリーズのシガーニー・ウィーバー、南アフリカのラッパーのユニット、“ ダイ・アントワード ” の Ninja と Yo-Landi Vi$$er 、そして、チャッピーの声優をつとめてるのは、前2作から引き続き、コンビを組む相棒のシャールト・コプリーです…!!


さて、ついに初公開されたニール・ブロムカンプ監督の最新作「チャッピー」の予告編をご覧になって、CIAリーダーのみなさんは、どのような感想の期待をお持ちになられたでしょう…?!

Every child comes into the world full of promise, and none more so than Chappie: he is gifted, special, a prodigy. Like any child, Chappie will come under the influence of his surroundings – some good, some bad – and he will rely on his heart and soul to find his way in the world and become his own man. But there’s one thing that makes Chappie different from anyone else: he is a robot. The first robot with the ability to think and feel for himself. His life, his story, will change the way the world looks at robots and humans forever.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA