**************************************************************************************************


吸血鬼と狼男ライカンの抗争の歴史を描いたホラー・アクション映画の人気シリーズ「アンダーワールド」については、現時点で最も新しい作品となる2012年公開の第4弾「アウェイクニング」に登場したテオ・ジェームズが扮するヴァンパイアのデヴィッドを主役に昇格して、言わばスピンオフのような格好で、最新作の「アンダーワールド 5」?!、それとも「新・アンダーワールド」?!の企画開発を進め、来年2015年春にクランクインの見込みになったことを、先月9月上旬にお伝えしました。しかしながら…、



第1弾の「アンダーワールド」(2003年)と、その続編「エボリューション」(2006年)のメガホンをとった後、シリーズ全体の舵を取る仕掛け人のプロデューサーをつとめているレン・ワイズマン監督が、テレビシリーズ「スリーピー・ホロウ」の宣伝プロモーションのために、現在開催中のニューヨーク・コミック・コンを訪れ、IGN のレポーター、ロス・コーネットのインタビュー(↓ 動画)に応じたコメントによれば…、
“ ケイトと一緒にやる別の映画の企画開発も進めている…!! ”


…とのことで、「アンダーワールド」シリーズの顔となるヴァンパイア・ヒロイン、セリーンであると同時に、妻のケイト・ベッキンセールが主演する本流シリーズの最新作を、前述のテオ・ジェームズ主演のスピンオフ映画とは、どうやら、別に製作する可能性を模索しているようです…!!





それらに加えて、レン・ワイズマン監督は、ローナ・ミトラが主演をつとめ、前2作とは異なる時代を舞台にした第3弾のプリクエール映画「ライズ・オブ・ライカンズ」(2009年)に登場したキャラクターをスピンオフさせるらしい案や、「アンダーワールド」をテレビシリーズ化する考えもあるらしいことを、ほのめかしているので、ディズニー・マーベルのコミックヒーロー映画シリーズの世界をお手本に、アンダーワールド・シネマティック・ユニバース?!とでも言った壮大なプランを夢見ているのかもしれませんが…、いずれにしろ、ケイト・ベッキンセールのクールで、セクシーなセリーンが出てこない「アンダーワールド」なんて、「アンダーワールド」とは言えない…!!と思っていたファンの方にとっては、ひとまず、朗報だったのではないでしょうか…ッ!!


さて、「アンダーワールド」シリーズは本当に多方面に枝葉を伸びして、作品の世界観を拡大していくことができるのか…?!、吸血鬼と狼男ライカンの新たな戦いの続報をお楽しみに…!!

《関連記事》
Underworld : 吸血鬼と狼男ライカンの抗争を描くホラー・アクションの人気シリーズ「アンダーワールド」が、前作「アウェイクニング」に登場したテオ・ジェームズを主人公に変えて、最新作の第5弾を来春クランクイン!!(14.9.12)







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA