**************************************************************************************************


ヒーローに代わって、悪役が悪を倒すワル同士の戦いを描くコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」が、ザック・スナイダー監督の「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」のまさに続篇であり、ワーナー・ブラザースは、ライバルのディズニー・マーベルに対抗して、DCコミックス版のシネマティック・ユニバースを始めたんですよ…!!と、一般の観客に理解してもうらには、当然とも言えるジェシー・アイゼンバーグの連続登場ですね…!!




先週末に全米で封切られたブラッド・ピット主演の戦車アクション映画「フューリー」のヒットで、自己ベストのオープニング成績を更新し、株をあげることができたデヴィッド・エアー監督がメガホンをとるDC・シネマティック・ユニバースのシリーズ第3弾「スーサイド・スクワッド」に、ワーナー・ブラザースが、ジェシー・アイゼンバーグの出演を求めていることを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが独占スクープとして伝えてくれました…!!

DCコミックスの悪役たちが、ブタ箱暮らしの期間短縮や、死刑を免れるといった罪の帳消しの見返りとして、政府のために絶体絶命のミッションに挑むことになるアンチ・ヒーロー映画「スーサイド・ スクワッド」のキャストとしては、トム・ハーディとウィル・スミスとがダブル主演をつとめ、「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(2013年)で、男性を魅了したマーゴット・ロビーが悪の戦うヒロインとして登場するらしい構想を、先週末の金曜日(10月17日)にお伝えしましたが、ただし、トム・ハーディに関しては、20世紀FOX が「X-MEN」シリーズの次回作「アポカリプス」(2016年5月27日全米公開)の悪役に起用して、ミュータントのひとりに抱え込もうとする横取りの動きに出たことから、争奪戦が勃発し、いったい、どちらのコミックヒーロー映画に出演するのか…?!、現時点では、まったく予想できない状態となっています…。


…と、以上のように、ワーナー・ブラザースのキャストの構想が実現すれば、トム・ハーディ、ウィル・スミス、マーゴット・ロビーと興味深いトリオが誕生する「スーサイド・スクワッド」ですが、トム・ハーディがまた、「ザ・ダークナイト・ライズス」(2012年)の悪役ベインを演じるのであれば、「バットマン V スーパーマン」の続篇として、それなりの体裁を持つことはできるのかもしれませんが、ベインではないらしいため、いずれのキャストもDCコミックス版のシネマティック・ユニバースにとっては新顔となり、コミックヒーロー映画シリーズの世界観が連続している印象が希薄となってしまいます。よって、ワーナー・ブラザースが「バットマン V スーパーマン」(2016年3月25日全米公開)から連続して、ジェシー・アイゼンバーグのレックス・ルーサーを登場させて、ザック・スナイダー監督の映画の結末と「スーサイド・スクワッド」の始まりとを連結しようと考えるのは、大変に理に適っているわけですが…、


アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年5月1日全米公開)のハルクこと、マーク・ラファロが、トロント国際映画祭で発言したコメントにもとづけば、ジェシー・アイゼンバーグと共演した、マジシャンたちが大強盗のヒット作「ナウ・ユー・シー・ミー」(2013年)の続篇の撮影が、来月11月から始まるそうです…!!、ワーナー・ブラザースが予定している「スーサイド・スクワッド」のクランクインは、来春とのことなので、その来春の時期によっては、ジェシー・アイゼンバーグは、2本の映画を連続して、滞りなく撮影を進められそうですが、もしかすると、「ナウ・ユー・シー・ミー2」(2016年6月10日全米公開)と「スーサイド・スクワッド」の撮影スケジュールが若干ながら、かぶってしまう可能性があります。また、ジェシー・アイゼンバーグは、「ザ・ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス監督の新作映画「アームス・アンド・デューズ」にも同時期に出演する予定ですが、「ナウ・ユー・シー・ミー2」と「スーサイド・スクワッド」の両方に出た場合、もはや、「アームス・アンド・デューズ」は辞退せざるを得ない事態となってしまいます…。


よって、そうしたジェシー・アイゼンバーグのスケジュールの調整が、今後の課題として取り組まれ、その結果によって、レックス・ルーサーが「スーサイド・スクワッド」にも本当に登場するのか、どうか…?!、また、登場するとしたなら、どの程度の役割りなのか…?!といった存在感の大小が決まっていくことになりそうですね…!!

DCコミックスの悪役たちが活躍するコミックヒーロー映画版の「特攻大作戦」(1967年)、もしくは、コミックヒーロー映画版の「イングロリアス・バスターズ」(2009年)といった作品に仕上がるらしい「スーサイド・ スクワッド」は、再来年の2016年8月5日から全米公開です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA