**************************************************************************************************


常連のCIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんには、おなじみのマーベル・コミックスお墨付きのグラフィック・デザイナー、マット・ファーガソンさんが手がけたコミックヒーロー大集合映画の続篇「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」のアート・ポスターです…!!、壁に飾っておくと、部屋の雰囲気を何だか、インテリジェンスにしてくれそうなポスターですが、おとついの予告編の電撃リリースに後追いで初公開された本来の映画ポスターと比べて、みなさんは、どちらの方がお気に召したでしょう…?!、なお、マット・ファーガソンさんがデザインした「アイアンマン3」(2013年)のポスターはコチラで、「ソー: ザ・ダークワールド」(2013年)のポスターはコチラ、そして、今夏の大ヒット作「ガーディアンズ・ オブ・ザ・ギャラクシー」のポスターはコチラです…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


スター・ウォーズのオリジナル・トリロジーでは何人が死んだのか?!死者の総数を、3分間の大急ぎで数えるデス・カウント・ビデオ!!



キャリー・フィッシャー扮するプリンセス・レイアにとって故郷となる惑星のオルデランが、デス・スターに破壊されて、いきなり死者の数が20億人も増えてしまいますが、そのオルデランの人口や、爆発した宇宙船の乗組員の数など、映像の見た目で人数がわからないものについては、「スター・ウォーズ」のウィキペディア、Wookieepedia に記載されているデータを参照して、カウントしたそうです…!!



サスペンスの神さまの全作品から、これぞヒッチコック!!というカットを厳選して網羅した完璧なトリビュート・ビデオアルフレッド・ヒッチコック 1925年から1976年!!



オーストラリア在住の映画トリビュート・ビデオのクリエイター、ショーン・ヒギンスさんが、1925年公開「快楽の園」から、1976年に封切られた遺作の「ファミリー・プロット」まで、サスペンスの神さま、アルフレッド・ヒッチコック監督の全映画作品を振り返って、それぞれから抜かりなく、見どころのカットを抜粋し、まとめてくれた、まさに完璧と言える保存版のトリュビート・ビデオです…!!、カットを厳選したとは言え、全作品を網羅したので、約13分間と少し長いビデオの前半は、サスペンスの神さまの面目躍如たるスリリングな演出の冴えを偲ばせて、娯楽映画の名匠としてのヒッチコック監督に焦点を当てたらしく、中盤では、本当だったら、オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」(1953年)のメガホンをとるはずだった同監督のロマンチックな一面、そして、後半は、スリラーや、ミステリーの筋書きを巧みに使って、ひとの心理を深く、えぐりだして考察した上質の人間ドラマとしてのアートなヒッチコック作品の魅力をまとめてくれたように観受けられます。前述のように約13分間と長いビデオですが、かつて大作映画では当たり前だった “ 休憩 ” が途中に挟まれているので、トイレをガマンできない人や、一服をされたい方は、その間に済ませてください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA