**************************************************************************************************


現地のサンディエゴでは今日となる7月26日(土)に、盛大に開催中のコミック・コンで、ワーナー・ブラザースが行ったプレゼンのイベントに、ザック・スナイダー監督が登場して、上 ↑ の写真(via: @ErikDavis)のように、現在撮影中の最新作「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」で活躍する3大ヒーローの姿をスクリーンに映し出し、ガル・ガドットを起用した新しいワンダーウーマンのイメージを初公開してくれました…!!、続きを読むのあとで、「ワイルド・スピード」シリーズのクールなジゼルが、ワンダーウーマンに変身した姿を、徳とご覧ください…!!






つい昨夜も「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」の撮影を行っていた…!!と言うザック・スナイダー監督が、そのロケ地のデトロイトから、サンディエゴに駆けつけ、ついに披露してくれたガル・ガドット扮するダイアナ・プリンス AKA ワンダーウーマンの勇姿です…!!、原作コミックのワンダーウーマンが、2010年発行の第600号めから、言わば現実的な戦闘仕様のコスチュームとして、黒いパンツを履いて、足を露出することなく、上半身もジャケットを身に着けて、ほとんど肌を晒さない姿に生まれ変わったことから、実写映画の「バットマン V スーパーマン」も、そうした本気モード?!のバトル・ワンダーウーマンが登場するのでは…?!といった予想もされていましたが、ご覧のように、さすがに★模様のショーツではないものの、昔ながらの生腕・生足を出したワンダーウーマンという、男性ファンにとっては、うれしい姿?!で、ガル・ガドットが登場してくれました…!!


キャプテン・アメリカと同様に、星条旗を想わせるワンダーウーマンのイメージ・カラーのブルーとレッドが使われていない点について、もしかすると異論のある方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとまずは概ね、好評を博したらしいガル・ガドットの新しいワンダーウーマンの姿をご覧になって、CIAリーダーのみなさんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!、また、ザック・スナイダー監督は、この初公開のワンダーウーマンのイメージのみならず、「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」の予告編も、コミコンの会場で披露してくれました…!!

その予告編の内容としては、雨が降りしきる夜に、ベン・アフレック監督が演じる新ダークナイトが、バットシグナルの明かりを灯して、照らし出した先には、スーパーマンが…ッ!!といったもので、2大ヒーローがにらみ合い、スーパーマンの眼が赤く光って、今にもヒートビジョンを発射しそうなのに、バットマンは微動だにしない…!!といっただけの、いわゆる “ ティーザー ” の先行版予告編としての短いものだったそうですが、それとは別に、ヘンリー・カヴィルのスーパーマンが、地球ではないらしい景観の場所で、女性の体を抱きかかえ、その背後に、墜落した宇宙船が窺える…といった本編映像も披露されたそうなので、いずれ、オンラインでも公開されるのを楽しみにお待ち頂きたいと思いますが、おとついの金曜日(7月25日)に紹介した “ スーパージェダイ ” の写真は、その別の惑星を舞台にした宇宙のシーンがあるらしいことを暗示していたのかも…?!


その他の共演者として、ジェイソン・モモアが起用されたアクアマンと、レイ・フィッシャーの “ サイボーグ ” というヒーローたちに加え、「マン・オブ・スティール」(2013年)から引き続き、ヒロインのロイス・レインを演じるプリンセス・エイミー・アダムス、スーパーマンの母ちゃんのダイアン・レイン、デイリー・プラネット紙の編集長のローレンス・フィッシュバーン、バットマンの執事アルフレッドに扮するジェレミー・アイアンズ、そして、役どころは不明ですが、「ザ・ウルヴァリン」(2013年)の岡本多緒も参戦を果たした「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」は、再来年2016年5月6日から全米公開!!、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンの3大ヒーローを相手に戦う究極の悪役のレックス・ルーサーは、「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)のジェシー・アイゼンバーグです…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA