**************************************************************************************************



シャーリーズ・セロン主演のクールな女版「ジョン・ウィック」みたいなスパイ・スリラー映画「アトミック・ブロンド」(7月28日全米公開)の予告編の予告編のチラ見せを昨日(3月9日)、披露してくれたデヴィッド・リーチ監督の最新作「デッドプール 2」が、戦うヒロインのキャストを決定しました…!!



単に「デッドプール」の続篇としてのワクワクのみならず、「ジョン・ウィック」(2014年)のデヴィッド・リーチ監督の最新作としても楽しみすぎる「デッドプール 2」が、人気ミュータントのドミノこと、ニーナ・サーマンの大役を演じる女優として、ザジ・ビーツを起用したことを、当のマーク・ウィズ ・ア・マウスが、下 ↓ のドミノのイメージを Tweet して、発表してくれました…!!

潜在意識に働きかけることで、自分の視界の範囲の状況を都合よく変えることができるドミノは、これから「X-Men」の映画シリーズが「X-Force」シリーズに生まれ変わるのかもしれないという憶測のうえで重要な役どころに発展しそうですから、昨2016年の秋にお伝えしたように、その候補としては…、


「10クローバーフィールド・レーン」のメアリー・エリザベス・ウィンステッドを筆頭にして、「スター・トレック・ビヨンド」のソフィア・ブテラ、「007: スペクター」のステファニー・シグマン、「ブレードランナー2049」のシルヴィア・フークスとマッケンジー・デイビス、「ジョン・ウィック : チャプター 2」のルビー・ローズ、「ブリッジ・オブ・スパイズ」のイヴ・ヒューソン、リメイク版「ベイウォッチ」のケリー・ローバッハのほか、シエナ・ミラーや、リジー・キャプランらの名前もあがっていました。


しかし、それらの女優たちのうちの誰でもなく、FX のテレビシリーズ「アトランタ」で注目を集めたザジ・ビーツが大抜擢されたのは、ちょっと驚きかもしれませんが、題名通りにアトランタの Hip-Hop シーンを舞台にしたコメディの内容が高評価をされ、クリエイターと主演を兼ねるドナルド・グローバーが、「スター・ウォーズ」アンソロジー第2章「ヤング・ハン・ソロ」 (2018年5月25日全米公開)のランド・カルリジアン役に抜擢されたことを踏まえると、ザジ・ビーツにも注目の役どころがまわってくるのは当然の成り行きなのかもしれません…!!

Ice cream plz? Sorry for the selfies. I'm all alone.

Zazieさん(@zaziebeetz)がシェアした投稿 -


主演兼プロデューサーのライアン・レイノルズの発表に先がけて、ザジ・ビーツがドミノ役に起用されたらしいことをスッパ抜いていた映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーによれば、「X-Men」シリーズを製作・配給する20世紀FOX もオーディションのテストの結果に満足しているそうですから、きっとデッドプールとドミノの相性はよかったのだろうと憶測できそうですが、CIAリーダーのみなさんは、新人と言えるザジ・ビーツが前述のような女優たちを押しのけて、ドミノ役を奪ってしまった結果について、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!


デッドプール 2」の全米公開日は非公式ですが、誰もが来年2018年春の3月2日じゃないの?!と思っています…!!

Related: Deadpool 2 : ライアン・レイノルズ主演の大ヒット映画の続篇「デッドプール 2」が、まだ映画の撮影を始めていないけれど、「ジョン・ウィック」の監督を起用した予告編代わりのショート・フィルムをリリース ! !



Follow CIA on



Search in CIA