**************************************************************************************************



加齢によって、ミュータントの力が衰えてしまったウルヴァリンが、まるで人生に挫折した中高年の平凡な男性のように運転手として働くことで、現実に向きあい、日々の暮らしの糧をまかなっているらしい…という、とてもコミックヒーロー映画のようには観えない本編シーンです…!!






現地のドイツで本日の2月9日(木)に開幕した第66回ベルリン国際映画祭で、プレミア上映が行われることにちなんで、製作・配給の20世紀FOX がリリースしてくれた「X-Men」のスピンオフ映画「ローガン」の本編シーンです…!!、映画のタイトルになっている通称のローガンではなく、ましてや、ヒーローのウルヴァリンでもなく、素の本名のジェームズ・ハウレットを名乗っている本編シーンで、リムジンの運転手として働いているヒュー・ジャックマンはどうやら、それぞれに浮かれた乗客たちにうんざりし、自分の仕事があまり好きではないみたいですが、希望のようなものは持っているらしく…、


" これ売ります " という個人が転売を希望する中古品の情報が掲載されているペニーセーバーで見つけた船のクルーザーのオーナーにかけた電話の音声が背景に流れています。

Related: Logan : ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンの人生を振り返って、忘れられない過去の出来事をフラッシュバックで追加してみた完結編「ローガン」の感動的なファンメイドの予告編!!

その船の持ち主の留守電に残したメッセージの中で、ウルヴァリン…ではなくて、ただの運転手のジェームズは購入を希望する動機について、引退した父親への贈り物にしたい…といったことを言っているのですが、彼のお父さんはスピンオフ映画の第1作め(2009年)の中で死んでしまったはずです。なので、ジェームズ・ハウレットが語っているお父さんというのは、本当のお父さんではなくて、言わばお父さんのような別の人物のことだと解釈できますから、その " お父さん " とはつまり、これまでの予告編で紹介されたように、ジェームズが介護しているらしい老プロフェッサー X のパトリック・スチュワートのことなのでは…?!と察することができるのかもしれません。


だとしたら、ローガンはどうして、船を手に入れようと思っているのか?!、単に人生に疲れた中高年の現実逃避の希望ではなくて、何らかの事情のために、老プロフェッサー X を隔離したいのか…?!、それは穏やかな海の上で、チャールズ・エグゼビアに息をひきとらせてやりたい…という切なる願いなのか、それとも、ふたりは何者かに追われようとしていて、逃亡のために船が必要なのか…?!と、様々に展開を想像することもできそうです。ただし、こうした…


白黒の場面というのは、映画の演出においては、過去を思い出している回想の描写によく使われ、カラーで描く現在との区別になっていることが多いわけですから、このウルヴァリンが運転手として働いている…という状況も過去の一時期の暮らしを想い出しているのでは…?!と受けとめることもできそうですね。


最も最初に披露された本編映像の " 予告編の予告編 " や、映画の写真が白黒であることから、えッ、「ローガン」って白黒映画なの…?!と思っていたファンの方の読みは、けして、ハズレではなくて、やっぱり、白黒のシーンがあったことが確認されたウルヴァリン・シリーズの完結編は来月3月3日から全米公開!!、共演者として、ウルヴァリンの娘?!みたいな美少女ウルヴァリン X-23 に抜擢された小さな戦うヒロインは、BBCのテレビシリーズ「ザ・レフュジーズ」からピックアップされたダフネ・キーンちゃん!!、悪役は、Netflix の「ナルコス」のボイド・ ホルブルックです…!!、「X-Men」シリーズの続報をお楽しみに…!!

Related: Logan : 美少女ウルヴァリンの X23 が大暴れ ! !、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリン・シリーズ完結編「ローガン」が、アクションの見せ場を詰め込んだ最終版のエキサイティングな予告編 ! !



Follow CIA on



Search in CIA