広 告
**************************************************************************************************


米英で今日の11月30日は、リドリー・スコット監督の79回めのお誕生日!!というお祝いの広報として、「エイリアン」シリーズを製作・配給する 20世紀FOX がリリースしてくれた最新作「コブナント」の撮影時に同監督の姿を撮らえたメイキング・フォトです!!、代表作のオリジナル映画「エイリアン」(1979年)に結びつく原点の物語として、2012年公開の「プロメテウス」からスタートしたプリクエール・シリーズは、この第2弾「コブナント」の後、さらに第3弾と第4弾を製作する予定ですから、リドリー・スコット監督が80代の後半になって、ようやく完結するであろうことを踏まえると、ひょっとしたら、90歳になっても、ブロックバスター映画を作っているのかも…?!、「エイリアン」ファンのみなさんにはおなじみの大企業 ウェイランド・ユタニが放った植民船 “ コブナント ” の乗組員たちが目的地の惑星で思いがけず、ミヒャエル・ファスベンダーのアンドロイド、デヴィッドと出くわすことになる「エイリアン: コブナント」は、新年2017年5月19日から全米公開!!、なお、ミヒャエル・ファスベンダーは、「アサシン・クリード」(12月21日全米公開)と同じく、ひとり二役なので、植民船 “ コブナント ” のクルーのアンドロイドも演じています…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。



国民的怪獣王のゴジラに続けて、大人気の「ポケモン」のキャラたちまで、中国のものになってしまう?!ことから、日中関係に亀裂をもたらす要因になるのでは?!という不安視まで伝えられた中華レジェンダリー製作の実写映画「名探偵ピカチュウ」のメガホンをとる監督が、ピカチュウとは体型的に似てるジャック・ブラックとの名コンビで知られるロブ・レターマン監督に決定したことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングがレポートしてくれました!!、ジャック・ブラック扮する作家R・L・スタインの娘役として、オデイア・ラッシュちゃんがヒロインをつとめたジュブナイル・ホラー「グースバンプス」が、昨2015年秋に世界各国で好評を博した実績を踏まえると、ロブ・レターマン監督の起用はまったく当然とうなづける人選ですが、しかし、「ガリバー旅行記」(2010年)や、アニメ映画「モンスターVS.エイリアン」(2009年)、「シャーク・テイル」(2004年)といった同監督のフィルモグラフィからして、「名探偵ピカチュウ」がファミリー向けのキッズ・ムービーに仕上げられるのは、まず間違いなさそうですから、大人の映画ファンはもう「ポケモン」の実写映画化への興味は失ってしまったかも…?!、なお、「名探偵ピカチュウ」の具体的な製作スケジュールについてまでは伝えられていません。




【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...