**************************************************************************************************


ご覧のように大きな犬なので、“ 匹 ” ではなく、“ 頭 ” で数えたほうがよいらしいので、2頭と書きますが、自分自身でもブルマスティフのボーンクラッシャーとグレースを飼って、かわいがっている愛犬家の爆発大将マイケル・ベイ監督が怒りを爆発させて、世間に訴えかけた結果が、最良のハッピーエンドに落着した続報です…!!







約2か月半前の6月はじめに、イギリス・マージーサイド州のドッグ・シェルターで保護されているスタッフォードシャー・ブル・テリアのメスのフレヤちゃんが、てんかんの持病を持っている…というハンディキャップもあって、過去6年間に同シェルターを訪れた約1万8,000人もの里親希望者がパスをしてしまい、引き取り手が誰もいないことから、外の世界のみならず、愛情を知らずに育ち、“ イギリスで最も孤独な犬 ” と言われている…という気の毒な記事を読んだマイケル・ベイ監督の怒りが爆発!!、フレヤちゃんを犬の女優として、「トランスフォーマー : ザ・ラスト・ナイト」に起用する…!!と大々的に発表したことをお伝えしましたが…、


その宣言どおりに、どうやら、名優アンソニー・ホプキンスが演じる人物の愛犬という設定で、フレヤちゃんの登場シーンを撮影したマイケル・ベイ監督が、現場の様子を披露してくれたメイキングのプロモ・ビデオです…!!


猛烈に大ヒット確実の「トランスフォーマー5」を使って、フレヤちゃんの飼い主を全世界から見つけ出す…!!、もし誰も飼わないなら、俺が飼う!!と豪語したマイケル・ベイ監督ですが、しかし、実を言うと、上 ↑ のビデオにも登場していましたが、同監督の動物愛護の訴えに共感をしたレイ・コリンズさんが、自分が引きとる!!と名乗り出てくれたことで、すでにフレヤちゃんは、レイさんが以前に、やはり、シェルターから引き取った2匹の犬たちと一緒に、念願の “ わが家 ” で、幸せに暮らしています…!!

なので、本当はもはや、映画に登場させなくてもよかったのですが、たかだか散歩の外出なのに、なぜか?!、その身を守るための万一の備えとして?!、タンクを伴い、いつでも戦争する構え?!のトンデモない設定のアンソニー・ホプキンスのパートナーとして、フレヤちゃんの存在は、よいアクセントになっているのではないでしょうか…?!


…といった次第で、犬の話題はさておき、アンソニー・ホプキンスが演じている人物はいったい、何者で?!、前作の「エイジ・オブ・エクスティンクション」(2014年)から引き続き、マーク・ウォールバーグ番長が演じる主人公のケイドや、14歳のアイドルのイザベラ・モナーちゃんが大抜擢された新ヒロインのイザベラとは、どういう関わりになるのか…?!という、実は新しい謎の見どころを提示してくれたわけか…!!と、察しのよい CIA リーダーのみなさんは理解してくれたに違いない「トランスフォーマー : ザ・ラスト・ナイト」は、来年2017年6月23日全米公開!!、続報をお楽しみに…!!

《関連記事》
Transformers : 爆発大将のマイケル・ベイ監督が、誰も飼いたがらない気の毒なワンコの話を知って、怒りを爆発!!、「トランスフォーマー」シリーズ最新作「ザ・ラスト・ナイト」のキャストに、孤独なワンコのフレヤちゃんを大抜擢!!(16.6.8)





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA