**************************************************************************************************


常連のCIAリーダーのみなさんは、記事の見出しを読まれて、またビリーさんのくだらない冗談ですか?!、真面目にやってください…と呆れそうになるかもしれませんが、マイケル・ベイ監督は大真面目です…!!



前作「エイジ・オブ・エクスティンクション」(2014年)から引き続き、メガホンをとった「トランスフォーマー」シリーズ第5弾の最新作「ザ・ラスト・ナイト」を撮影中のマイケル・ベイ監督が、あのロック・レジェンドのザ・ビートルズが誕生した地として知られるリヴァプール市を抱えるマージーサイド州のドッグ・シェルターで保護されているスタッフォードシャー・ブル・テリアのメスのワンコ、フレヤちゃんを女優としてスカウトし、キャストに加えたことを発表しました…!!


てんかんの発作を起こしてしまう持病持ちというハンディキャップもあって、これまでの6年間の全生涯をシェルターで過ごし、その間に訪れた約1万8,000人ものペットを探す里親希望者に素通りをされてしまったことから、飼い主の愛情というものを知らず、“ イギリスで最も孤独な犬 ” などと言われているフレヤちゃんの気の毒な生い立ちを、facebook を通じて知り、何が “ イギリスで最も孤独な犬 ”だ!!、ふざけるな!!とばかりに憤りを爆発させた爆発大将のマイケル・ベイ監督としては、全世界で爆発的な大ヒットが確実の「トランスフォーマー5」で、フレヤちゃんを活躍させることで、彼女の里親になりたい…!!と希望する飼い主を全世界から必ず、俺が見つけだしてやる…!!という挑戦の目論見ですが、もし仮りに、希望者が現れなかった場合、キッチリと責任をとって、フレヤちゃんを自分の邸宅に迎え入れてくれるそうです…!!


なので、ひとまず、フレヤちゃんはようやく、シェルターの外の広い世界を知ることができそうですが、それよりも、これから合流する「トランスフォーマー5」の撮影で、いったい、どんな役を与えられることになるのか…?!、新人女優として、マイケル・ベイ監督の要求に応じられるか、どうか…?!の試練が待ち受けているかもしれませんね…?!

イギリスで最も孤独な犬をキャストに迎える「トランスフォーマー : ザ・ラスト・ナイト」の出演者は、「テッド 2」(2015年)の撮影で、共演者のアマンダ・セーフリードの愛犬フィンの面倒を看たことで、犬の扱いには慣れているマーク・ウォールバーグ番長のほか、レギュラー・キャストのジョシュ・デュアメル、名優アンソニー・ホプキンス、「ネイバーズ 2」が全米公開中のジェロッド・カーマイケル、そして、アイドルのイザベラ・モナーちゃんといった顔ぶれです…!!

《関連記事》
Photo : アマンダ・セーフリードがパニックで泣いてしまった「テッド2」撮影時のマーク・ウォールバーグのイタズラ ! !(15.6.9)


さて、ペットのワンちゃんを探している方はイチ早く、フレヤちゃんの飼い主になることを希望して、来年2017年6月23日の「トランスフォーマー : ザ・ラスト・ナイト」の全米公開時には、スクリーンを指差して、あれはうちの犬だ…!!と自慢できるようにしてはいかがでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA