**************************************************************************************************


さて、ヒラリー・クリントン大統領候補は、これで膨大な数のマーベル・シネマティック・ユニバースのファンのオタクを味方につけることができるでしょうか…?!







マーベルのコミックヒーロー大集合映画「アベンジャーズ」シリーズを立ち上げたジョス・ウィードン監督が、今秋の11月8日に投票が予定されているアメリカ大統領選挙に向けて、民主党のヒラリー・クリントン候補をバックアップするべく、100万ドル=約1億157万円の選挙活動資金を寄付して、スタートしたキャンペーンのプロモ・ビデオです!!

同監督のヒラリー支持に賛同して、出演してくれたアイアンマンロバート・ダウニー・Jr.ブラック・ウィドウスカーレット・ジョハンソンハルクマーク・ラファロ、ウォーマシンのドン・チードル、マリア・ヒルのコビー・スマルダーズ、フィル・コールソンのクラーク・グレッグのほか、オスカー女優のジュリアン・ムーアに、ネイサン・フィリオン、そして、フツーの人たち?!は、大統領選挙のみならず、あくまでも、あらゆる投票を棄権せず、1票を投じよう…!!


…と呼びかけているだけですが、言葉の端々で共和党のドナルド・トランプ候補を遠まわしに非難していることから、つまり、ヒラリーに投票するべき!!と言ってるのも同然の内容となっています。しかしながら、あなたに向かって、神妙な顔つきで言葉を発してるセレブたちは、実のところ、カメラの付近に設置されているプロンプターに表示されたセリフの文字を読んで、演技しているだけという設定らしく、自分の気持ちから出た言葉を語ってるわけではないことから、どうやら誤まって、映し出されたらしい “ マーク・ラファロは次回作で、ヌードになる…!! ” といったフレーズを真剣に読み上げ、最終的には、なぜか?!、マークは脱ぐぞ!!という変なメッセージを伝えるオチで終わってしまうあたりが、「アベンジャーズ」(2012年)のおしまいに、ヒーローたちが集って、シャワルマを食べるシーンを追加したジョス・ウィードン監督らしいユーモアですね…!!


なお、このジョス・ウィードン監督の悪のトランプを倒すキャンペーンは大統領選の投票日まで続けられ、さらに15本から25本のお笑いビデオ…ではなくて、プロモーション・ビデオをリリースする予定だそうですから、気になった方は、投票に先がけて必要となる選挙人名簿への登録を促すサイト Save The Dayfacebook ページをフォローしておいてください…!!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA