**************************************************************************************************


ちょうど1週間前の先週の木曜日(9月15日)に、悪役に起用されたことをお伝えしたジャッキー・アール・ヘイリーは、魔角(マカク)を演じるのでは…?!というのは、キャラクターの説明から判断をした憶測でしたが、今回はハッキリとザパンの役だと報じられました…!!




木城ゆきとのコミック「銃夢」を映画化する「アリタ : バトル・エンジェル」に、2億ドル近い巨額の製作費を投じ、本格的なSFアクションのブロックバスターに仕上げたいらしい 20世紀FOX が、同社の今春の大ヒット作「デッドプール」で、悪役のエイジャックスに扮したことで、オタク・ファンに顔の知られているエド・スクレインを起用し、やはり、悪役のザパンを映画に登場させる運びになったことを、Heat Vision のボリス・キットが独占レポートしてくれました…!!


「アバター」シリーズが、再来年の2018年末のクリスマス頃に全米公開を予定している第2弾から、2023年末公開の完結編の第5弾までの計4本もの映画を作るため、ジェームズ・キャメロン監督がやむを得ず、自分で監督するのを諦めるしかない…という事情から、ロバート・ロドリゲス監督にメガホンを託した「アリタ:バトル・エンジェル」は、これで…、


上 ↑ の写真の「ザ・メイズ・ランナー」シリーズのローサ・サラザールが大抜擢されたサイボーグの戦うヒロイン、ガリィ / アリタと、「007:スペクター」(2015年)などの名優クリストフ・ヴォルツが演じるサイバネティクス医師のドクター・ダイソン・イドのチームと、ジャッキー・アール・ヘイリーの魔角(マカク)?!&エド・スクレインのザパンという悪役チームとが衝突する構図が、おぼろげに見えてきたわけですが、テキサス州オースティンで撮影を始めるクランクインは間もなくの来月10月なので、さらに続報が伝えられるのでは…?!と期待をできそうです…!!


製作・配給の20世紀FOX にとっては、あわよくば、「X-Men」シリーズに相当…とまではいかなくても、再来年の2018年1月12日全米公開の最終章「ザ・デス・キュア」で、フィナーレを迎える「ザ・メイズ・ランナー」の後がまになるヒット・シリーズに発展させたいに違いない「アリタ:バトル・エンジェル」は、2018年7月20日全米公開ですから、「ザ・メイズ・ランナー」から、ちょうどバトンを引き継ぐような封切りのスケジュールとなっています…!!






【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA