**************************************************************************************************


父親が NASA に勤める科学者だったマーゴット・リー・シェッタリーが、2010年から取材と執筆を始め、来月9月6日に全米で出版する同名の原作のノンフィクションの著書「ヒドゥン・フィギュアズ」の副題が、“ ジ・アメリカン・ドリーム・アンド・ジ・アントールド・ストーリー・オブ・ザ・ブラック・ウィメン・マセマティシャンズ・フー・ヘルプド・ウィン・ザ・スペース・レース ” なので、“ 知られざる実話 ” と見出しに書きましたが、彼女が2013年から始めた初期の NASA で活躍した女性のサイエンティストたちの仕事を紹介する活動が功を奏したのか、リメイク版「ザ・カラテ・キッド」(2010年)のお母ちゃんのタラジ・P・ヘンソンが演じるキャサリン・ジョンソン97歳は、昨2015年にオバマ大統領から大統領自由勲章を贈呈されているので、今やもう、けして、“ 知られざる… ” とは言えません…!!







ビル・マーレイとナオミ・ワッツが共演した映画監督デビュー作「セイント・ヴィンセント」(2014年)が、いきなり高評価をされたセオドア・メルフィ監督が、USA Today のブライアン・トゥルイット記者の取材に応じたコメントによれば…、
“ NASA は、男女の性別や、人種の違いになんて、こだわってはいられなかったんだ!!、数学さえできれば、誰でも重宝するしかなかった…!! ”
…とのことで、スパイク・リー監督の大傑作「マルコムX」(1992年)で、デンゼル・ワシントンが演じた実在の主人公が暗殺されたのが、1965年2月の出来事で、「セルマ」(2014年)で描かれた血の日曜日事件も、1965年の出来事で、その3年後の1968年4月に、デヴィッド・オイェロウォが演じた公民権運動の指導者のキング牧師は殺されていますから、マーキュリー・アトラス6号に乗り込んだジョン・グレンが地球周回軌道の飛行に成功し、まさにアメリカ初の…


有人宇宙飛行を達成した…!!と言える歴史的偉業が実現した1962年当時のアフリカ系の人たちの立場が実際のところ、どのようなものであったのか?!、おのずと察することができるかと思いますが、そういう時代に、アメリカがソ連を相手にくり広げていた宇宙開発競争が、実はアフリカ系の頭脳明晰な女性たちによって、支えられていた!!という実話を映画化した「ヒドゥン・フィギュアズ」が初公開した予告編です…!!


タイトルの「ヒドゥン・フィギュアズ」は、“ 隠れた人物たち ” と読めると同時に、“ 秘められた数字 ” とも解釈できるので、どうやら、冒頭でふれたタラジ・P・ヘンソン扮する主人公の数学者キャサリン・ジョンソンのことを、“ 知られざる数学者 ” と暗示しているらしい伝記映画は、「エクスペンダブルズ 3」(2014年)のグレン・パウエル(↑ 写真)が起用された宇宙飛行士のジョン・グレンを是が非でも、本格的に宇宙に送り出さなければならないケヴィン・コスナーのアルが、どうしても数学の天才が必要となったことから…、


上 ↑ の写真のオクタヴィア・スペンサー(「ザ・ヘルプ」2011年)が演じる数学者のドロシー・ヴォーンの紹介で、大勢の女性計算者のひとりとして、ブラックボックスのデータを読み取る作業などをしていたキャサリンに白羽の矢が立てられ、持ち前の解析幾何学の才能を活かして、人間コンピューターとして、活躍することに…!!といった宇宙開発競争の秘話を軸にして、歌手のジャネール・モネイが抜擢されたエンジニアのメアリー・ジャクソンとを交えた3人の女性たちの当時の生き様と友情の絆とが描かれることになるようですね…!!


数学者のお話と言えば、ラッセル・クロウがジョン・ナッシュの役を演じた「ア・ビューティフル・マインド」(2001年)や、ベネディクト・カンバーバッチがアラン・チューリングに扮した「ジ・イミテーション・ゲーム」(2014年)などがあげられるので、ちょっとシリアスな映画のイメージを思ってしまいそうですが、主人公が女性たちということもあって、セオドア・メルフィ監督が軽快に描いて、観やすい作品に仕上げてくれていそうな「ヒドゥン・フィギュアズ」は、来年2017年1月13日から全米公開!!ですが、製作・配給の FOX としては、この宇宙開発競争と公民権を絶妙に絡めた実話映画で、オスカーを狙いたい…!!という目論見を当然、持っているでしょうから、年内に先行の限定公開で封切ることになるのではないでしょうか…?!


前述のケヴィン・コスナー(↑写真)の他に共演者は、キルスティン・ダンスト、マハーシャラ・アリ、オルディス・ホッジ、ジム・パーソンズらといった面々。マーキュリー計画の有人宇宙飛行の成功が、実は数学の天才のアフリカ系女性の人間コンピューターによって、計算されたものだった…!!という、大統領が最高の栄誉の自由勲章を贈るほどの “ 知られざる数学者 ” を描いた「ヒドゥン・フィギュアズ」の予告編をご覧になられて、CIAリーダーのみなさんは、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!


HIDDEN FIGURES is the incredible untold story of Katherine G. Johnson (Taraji P. Henson), Dorothy Vaughan (Octavia Spencer) and Mary Jackson (Janelle Monáe)-brilliant African-American women working at NASA, who served as the brains behind one of the greatest operations in history: the launch of astronaut John Glenn into orbit, a stunning achievement that restored the nation’s confidence, turned around the Space Race, and galvanized the world. The visionary trio crossed all gender and race lines to inspire generations to dream big.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA