**************************************************************************************************


シャンプーや洗剤といった身の回りの日用品の製造・販売に加えて、化粧品のコスメの分野にまで進出を果たした売れ行き絶好調のオネスト社のジェシカ・アルバ社長としては、もう女優業なんて引退をしても、特に差し障りはないのでは…?!と思われますが、それでも引き続き、セクシーな水着の美女を演じて、ファンの目を楽しませてくれる気の利いたサービス精神こそが、ひょっとすると、消費者の心理を読み取って、ビジネスで大成功をできた秘訣の素なのかもしれませんね…!!







男臭さが売りの “ う~ん、マンダム ” のチャールズ・ブロンソンが主演をつとめて、1972年に封切られた同名映画をリメイクした「メカニック」(2011年)の続篇「メカニック : レザレクション」の予告編を、ライオンズゲート・サミットが初公開してくれたので、お楽しみください!!、「トランスポーター」シリーズも、「クランク(アドレナリン)」シリーズも、けして、映画史に残る名作ではないけれど、主演をつとめたアクション映画の出来栄えが、常にそれなりに楽しめることから、もはや、安定した品質を保証するブランド名とすら言えそうな “ ジェイソン・ステイサム ” 印の最新作は…、


「エクスペンダブルズ 2」(2012年)、「ワイルド・カード」(2015年)と連続して組むことになったサイモン・ウェスト監督がメガホンをとった前作のあと、殺し屋稼業を引退して、足を洗ったアーサー・ビショップだったが、その機械のように正確無比の “ メカニック ” な殺しの腕前を見込んだ者によって、ジェシカ・アルバ扮する恋人のジーナを人質にとられたことから、やむを得ず、不可能に近いような暗殺の依頼を引き受け、現場に復帰することに…という、これまでに何度も同様の “ 引退した殺し屋モノ ”?!の映画で観たような、ありきたりな発端を経て…、


やっぱり、ありがちな展開ですが、恋人のジェシカ・アルバを救うために、殺しの依頼主の黒幕を出し抜くことを画策していたらしいジェイソン・ステイサムのアーサーが、本来はターゲットの名優トミー・リー・ジョーンズ扮するマックスとコンビを組んでしまう…!!といった辺りからが、痛快におもしろくなっていくように期待ができそうですね…!!


共演者として、「007: トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997年)のボンドガール、ミシェール・ヨーが登場する「メカニック: レザレクション」は、今夏8月26日から全米公開!!、新たにメガホンをとったのは、地元のドイツ映画界で作った「ザ・ウェーブ」(2008年)などで注目を集め、この作品でハリウッド進出を果たしたデニス・ガンゼル監督です…!!

Arthur Bishop [Jason Statham] returns as the Mechanic in the sequel to the 2011 action thriller. When the deceitful actions of a cunning but beautiful woman [Jessica Alba] force him to return to the life he left behind, Bishop’s life is once again in danger as he has to complete an impossible list of assassinations of the most dangerous men in the world.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA