**************************************************************************************************

“ 昔ながらの宗教的な良識ではなく、自分たちは自分たち自身の創造主になることができるだろうという理想を抱いてしまったクリエイターにとって、モーガンこそは、人間がどうあるべきかについて、それとなく言い及んだものなんだ。そして、ぼくたちはフリッツ・ラング監督の「メトロポリス」(1927年)や、「フランケンシュタイン」の映画で観てきたように、創られたものが、その創造主を超える存在になってしまった時に、どんなことが起こり得るのか、疑問を差し向けることができる。 ”
…とのことで、4年前の2012年に発表したSFショート・フィルム「Loom」でも、禁断の実験を試みた遺伝子学者が招いた悲劇を描いていた新人のルーク・スコット監督は…、







“ そういうテーマに魅了されているんだよ。それこそが現実の世界で次に起きる進化のステージだと、確実に実感できるからね。 ”
…とつけ加えて、エンタテインメント・ウィークリーのオリバー・ゲッテルの取材に応じて語っていますが、SF映画の通が多いCIAリーダーのみなさんは、つまり、父ちゃんのリドリー・スコット監督が代表作「ブレードランナー」(1982年)で描いたレプリカントの悲哀を、息子が再現しようとしているわけか…などと解釈してしまったかもしれない跡継ぎの映画監督デビュー作「モーガン」の予告編を、配給の20世紀FOXが初公開してくれました…!!


リメイク版「ファンタスティック・フォー」(2015年)の…と書くと、撮影中に監督にイジメられた気の毒な女優本人と、大金を失ったFOXが共に不愉快になると思うので、ここはやはり、父ちゃんのリドリー・スコット監督がメガホンをとったFOXの大ヒット映画を代表作にあげたほうがよいだろう…という配慮にもとづいて、「ザ・マーシャン」(2015年)の…と書くことにしたケイト・マーラが演じているのは、とある企業のトラブルシューター。その彼女が自分に託された問題を解決するべく、調査に訪れた僻地の秘密研究所で目にしたものは、実に多くの可能性を秘めながらも、同時に数えきれないほどのリスクをはらんだ “ モーガン ” だった…!!


…といった次第で、評論家に激賞されたホラー映画の傑作「ザ・ウィッチ」(2016年)で注目を集めたキュートな新星アニヤ・テイラー=ジョイが起用された “ モーガン ” は、誕生から1か月を満たないうちに、歩いて、会話をし、半年めにはもう自立していた…などと、予告編で語られているように、驚異の速度で成長している人造人間なわけですが、生まれつきネットに接続されていることで得られる膨大な知識が詰まった頭脳と強靭な肉体こそ、まさに人間が将来どうあるべきかという次の進化のステージにたどり着いた存在と言えそうなものの、人間が人らしくあるために肝心の理性や、モラルは一朝一夕に身に着けることはできない…という当たり前の理由からトラブルになってしまうようですね…!!


ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が、やはり、人工的に創られた禁断の存在を描いた「スプライス」(2010年)や、美女型人工知能が登場した「エクス・マキナ」(2015年)と観比べてみたいと思われた方も少なくないかもしれない「モーガン」は、北米で夏の終わりの9月2日から公開!!、共演者は、「ストレイト・アウタ・コンプトン」(2015年)などの名優ポール・ジアマッティ、「ザ・ウルヴァリン 3」(2017年3月3日全米公開)の悪役ボイド・ホルブルック、「キャプテン・アメリカ」シリーズのトビー・ジョーンズ、「ザ・ラスト・ウィッチ・ハンター」(2015年)のローズ・レスリー、「ザ・ヘイトフル・エイト」(2015年)のジェニファー・ジェイソン・リー、「グリーン・デスティニー」シリーズのミシェル・ヨーといった大変に素晴らしい顔ぶれです…!!


この「モーガン」の原型?!のSFショート・フィルム「Loom」なんて知らない…という方も当然、いらっしゃると思うので、あわせて、アタッチしておきます…!!、参考にしてください…!!



さて、息子ルークは、偉大な父ちゃんの後を追って、SF映画の傑作をモノにすることができそうか…?!、CIAリーダーのみなさんは、「モーガン」の予告編をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!


A corporate troubleshooter (Kate Mara) is sent to a remote, top-secret location, where she is to investigate and evaluate a terrifying accident. She learns the event was triggered by a seemingly innocent “human,” who presents a mystery of both infinite promise and incalculable danger.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA