**************************************************************************************************


「アバター」シリーズと同様に、ジェームズ・キャメロン監督とチームを組む20世紀FOXは、現時点ではまだ、「銃夢」の映画化を正式に承認しておらず、製作費の見積もりを約1億7,500万ドルから2億ドルまでの間におさめられるように試算を検討中だそうですが、いずれにしろ、SFアクション映画の超大作として企画をしてくれているのは間違いのない金額ですね…!!



構想が膨らみに膨らんで、ついに計5本の映画シリーズに仕上げることになった「アバター」の完結編の第5弾は、2023年クリスマスに全米公開だけに、それから本格的に映画化の準備を始めたのでは、実際に映画館に登場するのは、10年先ぐらいのことになってしまう…といった次第で、すでに企画を15年以上も温めていることを踏まえると、トータルで25年以上…と、つまり、映画の完成までに四分の一世紀は、いくら何でも長すぎると思ったらしいジェームズ・キャメロン監督が、自分は一歩引いて、仕掛け人のプロデューサーとして裏方にまわり、長年に渡っての友人であるグラインド家のロバート・ロドリゲス監督にメガホンを託すことにしたニュースを咋2015年秋の10月にお伝えした「銃夢」の映画化「アリタ: バトル・エンジェル」に動きがあったことを、Heat Vision のボリス・キットが独占スクープで伝えてくれました…!!


《関連記事》
Battle Angel Alita: ジェームズ・キャメロン監督が、木城ゆきとの「銃夢」を映画化する悲願の「バトル・エンジェル・アリタ」から、ついに降板 ! !、後任の新監督を指名して、映画化を前進するプロデュースに専念 ! !(15.10.15)

冒頭のように、正式な製作の決定には、まだ到っていないものの、出演者を見つけるオーディションは始まっているらしく、ソニー・マーベルの期待のコミックヒーロー映画「スパイダーマン : ホームカミング」(2017年7月7日全米公開)の重要な役どころに抜擢を受けたことで注目が寄せられているゼンデイヤ・コールマン(↑ 写真)のほか…、


20世紀FOX の今夏の勝負映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(6月24日全米開戦)のマイカ・モンロー(↑ 左)、20世紀FOX のヒット・シリーズ「ザ・メイズ・ランナー」の第2弾「ザ・スコーチ・トライアルズ」(2015年)に出演し、完結編の「ザ・デス・キュア」(2017年2月17日全米公開)にも登場するローサ・サラザール(↑ 中)、そして、やっぱり、20世紀FOX の大ヒット・シリーズ「アルビン・アンド・ザ・チップマンクス」の第4弾「ザ・ロード・チップ」(2015年)に出演した人気アイドルのベラ・ソーン(↑ 左)の計4名が、それぞれテストを受けたそうです…!!


果たして、一体、誰が、木城ゆきと作の日本発のコミックの映画化に主演するのか…?!、あるいは、全員不合格で、さらにオーディションが続けられることになるのか…?!、気になる結果と進展は、数週間のうちに明らかになる見込みだそうですが、いずれにしろ、ついに「アリタ: バトル・エンジェル」が現実に映画化に向けて、動き出したのは待ちわびた朗報だったかと思います!!、さて、ジェームズ・キャメロン監督とロバート・ロドリゲス監督の最強タッグは、どんな決断を下すのか…?!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA