**************************************************************************************************


マーベル・シネマティック・ユニバースのコミックヒーロー大集合映画「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」(5月6日全米公開)では、悪役のクロスボーンズとして、キャップと対決しているフランク・グリロが、前作の「ザ・パージ: アナーキー」(2014年)から引き続き、主演をつとめた第3弾「ザ・パージ: エレクション・イヤー」の予告編を、製作・配給のユニバーサル映画が初公開したので、チェックしておいてください…!!







例えば、大量破壊兵器を使って、国そのものを滅ぼそうとする終末的な行為や、政府の要人を襲うテロのようなこと以外には、とにかく何をやっても合法と見なす無茶苦茶なウサ晴らし?!として、1年に一晩の12時間だけに限った “ 粛清 ”(Purge)の夜の制度が設けられた近未来のアメリカを舞台にした残酷スリラー映画シリーズの第3弾「ザ・パージ: エレクション・イヤー」の予告編です…!!


超低予算の約300万ドルで製作したイーサン・ホーク主演の第1弾(2013年)が、全世界で約8,933万ドルも荒稼ぎをしてしまったばかりか、製作費を3倍の約900万ドルにまでスケールアップした第2弾「アナーキー」も全世界トータルで約1億1,193万ドルを売り上げた大ヒットだけに当然、作られることになった第3弾「エレクション・イヤー」は…、


テレビシリーズ「LOST」のジュリエット役で知られるエリザベス・ミッチェル(↑ 写真)が演じる上院議員のチャーリー・ローンが、ウサ晴らしとは言え、実際のところ、貧しさゆえに身を守る術を持たない者や、善良な人たちが餌食として狙われ、もてあそばれる野蛮な粛清の夜の制度の廃止を公約に掲げて、大統領選に出馬をするのですが、それを不都合に思う者たちから、まさに “ 粛清 ” すべき対象として、命を狙われることに…!!といった次第で…、


前作の粛清の夜を生き延びたフランク・グリロ(↑↓ 写真)の警官レオが現在は、上院議員チャーリーのボディガードをつとめているという設定で再び、恐怖の12時間をくぐり抜けるサバイバルを戦うことになるようですね…!!


どうやら、過去の少女時代に粛清の夜の恐怖を味わったトラウマがもとで、制度の廃止を訴えでたらしい上院議員のチャーリーを守って、レオは無事に夜明けを迎えられるのか…?!、残酷スリラー映画の第3弾「ザ・パージ: エレクション・イヤー」は、今夏7月1日から全米公開!!、それにしても、この映画がこれだけ人気をあつめて、ヒットしているということは、仮りに合法で許されるなら、自分もウサを晴らしてみたいという鬱憤を抱えた人たちが、世界中に巨万といると考えていいんでしょうか…?!


Expanding the universe introduced in the hit franchise that electrified the culture and earned $200 million at the worldwide box office, Universal Pictures’ The Purge: Election Year reveals the next terrifying chapter that occurs over 12 hours of annual lawlessness sanctioned by the New Founders of America to keep this country great.

It’s been two years since Leo Barnes (Frank Grillo) stopped himself from a regrettable act of revenge on Purge Night. Now serving as head of security for Senator Charlie Roan (Elizabeth Mitchell), his mission is to protect her in a run for president and survive the annual ritual that targets the poor and innocent. But when a betrayal forces them onto the streets of D.C. on the one night when no help is available, they must stay alive until dawn…or both be sacrificed for their sins against the state.

Once again returning to collaborate with franchise creator James DeMonaco on The Purge: Election Year are the series’ producers: Blumhouse Productions’ Jason Blum (Insidious and Ouija series, The Visit), Platinum Dunes partners Michael Bay, Brad Fuller and Andrew Form (Teenage Mutant Ninja Turtles and Ouija series, The Texas Chainsaw Massacre), and writer/director DeMonaco’s longtime production partner, Sébastien K. Lemercier (Assault on Precinct 13, Four Lovers).







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA