**************************************************************************************************


名優カーク・ダグラスが主演をつとめて、1954年に公開されたディズニーの古典映画を、同社がセルフ・リメイクするプロジェクト…という言い方もできますが、元祖SF作家のジュール・ヴェルヌが1870年に発表した「海底二万里」を、あらためて現代的に映画化するSF海洋冒険アクション「キャプテン・ネモ」のメガホンが、ジェームズ・マンゴールド監督に託されたことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが伝えてくれました!!と書けば、えッ?!、それはデヴィッド・フィンチャー監督が作るはずでは?!という同監督のファンの方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもはマックG監督(「ターミネーター: サルベーション」2009年)のメガホンで企画がスタートし、その後、デヴィッド・フィンチャー監督に受け継がれた「海底二万マイル」は、製作のディズニー側が、主人公のネモ船長役に雷神クリス・ヘムズワースを希望したのに対して、フィンチャー監督はチャニング・テイタムの起用を想定するなど、双方の創造性の違いによって、物別れに終わってしまいました…。よって、ディズニーは、「ザ・ウルヴァリン」(2013年)が好評価されたジェームズ・マンゴールド監督を起用して、あらためて「キャプテン・ネモ」として、映画化を再スタートするわけですが、しかし、マンゴールド監督は今春4月25日に「ザ・ウルヴァリン 3」の撮影を開始するので、実際にディズニーの要望に応じて、潜水艦のノーチラス号を発進させるのは、そのヒュー・ジャックマンの「X-Men」シリーズ卒業作品が全米で封切られる来年2017年3月3日よりも後になりそうですね。なお、「X-Men」シリーズのブライアン・シンガー監督と20世紀FOXとは、ひと足早く、今秋にも自分たちのバージョンの「海底二万マイル」の製作をスタートする予定なので、思いがけず、同じネタをめぐって、「X-Men」の監督同士が競い合うことになった格好となっています…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


《関連記事》
マックG船長の潜水艦ノーチラス号が沈没!!、ディズニーが最新作のSF海洋冒険アクションの3D映画「海底2万マイル」の製作を中止!!(09.11.18)
ディズニーのSF海洋冒険映画「海底2万マイル」の新船長にデヴィッド・フィンチャー監督が就任!!、潜水艦プロジェクトは中止されず、水面下で進んでいた…!!(10.5.16)
「海底2万マイル」に潜水艦を沈めてるのはディズニーだけではなかった!!、20世紀FOXがリドリー・スコット&ティムール・ベクマンベトフのチームで、ジュール・ヴェルヌの同じ原作を映画化のカウンターパンチをお見舞い!!(10.5.18)



マーベルのTVシリーズデアデビルシーズン2が戦うヒロインのエレクトラの見せ場を披露した新しい予告編をリリース ! !



チャーリー・コックス扮する盲目の弁護士が、赤い悪魔のコスチュームを身に着け、ヴィジランテのクライム・ファイターに変身するマーベルのテレビシリーズ「デアデビル」シーズン2が、新しい予告編をリリースしたので、チェックしておいてください!!、先週の火曜日(2月16日)に披露された予告編の Part 1 が、ジョン・バーンサル(「フューリー」2014年)が起用された私刑執行人のアンチ・ヒーロー、パニッシャーに焦点をあてた内容だったのに対して、Part 2 は、やはり、エロディ・ユン(「ゴッズ・オブ・エジプト」2月26日全米公開)の戦うヒロイン、エレクトラを紹介した編集となっています!!、悪のニンジャ組織のザ・ハンドとの戦いを軸に、パニッシャーとエレクトラの新キャラクターが絡むことになる「デアデビル」シーズン2は、北米では太平洋標準時の来月3月18日の午前0時1分から全13話が同時に、Netflix で配信スタートです…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA