**************************************************************************************************


DC・シネマティック・ユニバースの第1弾となる「マン・オブ・スティール」(2013年)で、ヘンリー・カヴィル扮するヒーローのカル=エルと戦って、敗北したクリプトン人のゾッド将軍の亡骸をもとに、どうやら、悪役のレックス・ルーサーが自分なりのフランケンシュタインのモンスターとして?!、ドゥームズデイを誕生させてしまうらしい展開が披露された昨年2015年末リリースの全長版の予告編について、一部のコミックヒーロー映画ファンが、ネタバレじゃないか…、映画を観る気が失せた…と、製作・配給のワーナー・ブラザースに対して、不満の感情を表わしたことを踏まえると、さらにネタバレ?!になってしまうのかもしれませんが、Facebook の CEO…ではなくて、レックスコープの CEO のジェシー・アイゼンバーグが、実はもっと別の秘密兵器も用意しているかもしれない可能性が浮上しました…!!






フィギュアなどのオモチャの情報を中心にしたイギリスのオタク・サイト Idle Hands が紹介してくれた「バットマンVスーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」の公開にちなんで発売されるアクション・フィギュアの写真ですが、上 ↑ 下 ↓ でご覧のように、悪役レックス・ルーサーがパワードスーツを身に着けて、登場しました…!!


こうした主に児童を対象にした関連商品のおもちゃが展開する多彩に富んだイメージが、必ずしも実際の映画の内容と一致してはいないことを、CIAリーダーのみなさんは、とっくにご承知のはずですが、しかし、ベン・アフレック監督の新・ダークナイトが対スーパーマン用の武装として、アーマーを身に着けることを踏まえると、レックス・ルーサーがパワードスーツを持ち出すのは、けして、無理のある話ではないように思われます…!!、とは言え…、




色がミドリだけに、クリプトナイトが使われている…?!のか、どうか?!はわかりませんが、上 ↑ の両手がミドリの “ ガントレット・アサルト・バットマン ” が映画に登場するとは思えませんし、下 ↓ のフィギュアのように、スーパーマンのカル=エルが、キャプテン・アメリカ化?!して、シールドを手にするというのも、信ぴょう性が感じられません…。よって、子ども向けのおもちゃは、やっぱり、ただのおもちゃなのかもしれませんが、果して、Idle Hands のポール・ニコラスが “ ロボ・レックス ” と呼んでいるパワードスーツのレックス・ルーサーは映画に登場するのか、しないのか…?!、CIAリーダーのみなさんは、どのようにお考えになられたでしょう…?!


ザック・スナイダー監督のコミックヒーロー映画の最新作「バットマンVスーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」は、今春3月25日から全米公開!!、ガル・ガドットのワンダーウーマン、ジェイソン・モモアのアクアマン、レイ・フィッシャーのサイボーグといった共演のヒーローたちに加えて、プリンセス・エイミー・アダムス、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、そして、「ザ・ウルヴァリン」(2013年)の岡本多緒が出演しています…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA