**************************************************************************************************


注目のシリーズ最新作「プレデター4」の脚本を、ついに完成したことを今週の火曜日(12月1日)にお伝えしたシェーン・ブラック監督の最新作「ザ・ナイス・ガイズ」の予告編を、配給のワーナー・ブラザースが初公開したので、お楽しみください…!!、タイトルとは裏腹に、とてもナイスとは言えそうにないコンビの失踪人探しが、思いがけず大きな陰謀へとつながっていくことになります…!!







メル・ギブソンとダニー・グローヴァーがコンビを組んだ「リーサル・ウェポン」シリーズの脚本を手がけて、大ヒットに導いた実績から、いわゆるバディ・ムービーの相棒モノを得意とするシェーン・ブラック監督が、「ドライヴ」(2011年)のライアン・ゴズリングと、スーパーマンのお父さんのラッセル・クロウを主演に起用した最新作「ザ・ナイス・ガイズ」の予告編です…!!


物語の舞台は、「スター・ウォーズ エピソード4: 新たなる希望」が封切られた当時の1977年のロサンゼルス。お金で雇われては、腕っぷしに物を言わせて、強引に紛争を解決するラッセル・クロウのトラブルシューター、ジャクソン・ヒーリーが、どうやら、何かのトラブルに巻き込まれたことで姿を隠したらしい姪のアメリアの居どころを突き止め、保護してほしいという、おばのキム・ベイシンガーの依頼を受けて、人探しを始めるにあたり、あろうことか、別件の依頼にもとづいて、自分が腕をへし折ったライアン・ゴズリングの私立探偵、ホランド・マーチに協力を求めることに…!!


…といった発端から、当初は簡単に思えた失踪人探しが、意外にも風俗嬢が自殺した事件へとつながり、やがて、自動車業界の絡んだ大気汚染にまつわる陰謀が浮かび上がったことで、ミスマッチなヒーリーとマーチのコンビが、自分たちには不釣り合いの巨悪と対決するハメになるそうです…!!


ハリウッド版の実写映画「デスノート」の主演女優として、死神の目を持つミサミサを演じるらしいことで注目のマーガレット・クアリーが、失踪をとげるアメリア役に起用されたほか、シェーン・ブラック監督の前作「アイアンマン 3」(2013年)で、ヒーローの窮地を救ったタイ・シンプキンスくん、「マジック・マイク」シリーズのマット・ボマーらが共演の「ザ・ナイス・ガイズ」は、新年2016年夏の話題作として、5月20日から全米公開!!、People の取材に応じたシェーン・ブラック監督のコメントによれば、かつて落ち目のロバート・ダウニー・Jr. が復活を果たすキッカケになった同監督の代表作「キスキス、バンバン」(2005年)と気持ちのうえでつながっているスピリチュアルな続編、あるいは姉妹作とも言える作品だそうですから、同映画がお気に入りの方には確実に楽しめそうな探偵映画のようですね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA