**************************************************************************************************


ディズニーの同名人気アニメの実写化ではなくて、ユニバーサル映画が、アンデルセンの童話をあらためて映画化する「ザ・リトル・マーメイド」の主演に、クロエ・モレッツちゃんが決定した先月11月初めよりも前の初夏の6月に降板をしたソフィア・コッポラ監督に代わる後任の新監督が、ようやく見つかった朗報を、The Wrap のジェフ・スナイダーが、関係者からの情報にもとづいて伝えてくれました…!!、すでによく知られた人魚姫の物語を、どのような新しいヴィジョンで描くのか?!、そのセンスが注目される新監督は、いわゆるモルモン教徒として生まれ育った自分自身を、主人公の少女に投影したようなデビュー作のインディーズ映画「エレクトリック・チルドレン」(2012年)が高評価をされた新進の女流レベッカ・トーマス監督だそうで、当のクロエ・モレッツちゃんが直接に面談をした結果、意気投合し、一緒に「ザ・リトル・マーメイド」を作る運びになったそうです…!!、なお、レベッカ・トーマス監督は、パラマウント映画からの依頼を受けて、大ヒット映画「ザ・フォールト・イン・アワ・スターズ」(2014年)の原作者ジョン・グリーンの同名著書を映画化する「ルッキング・フォー・アラスカ」の企画にも取り組んでいますが、同映画の主演にはエルたんが検討されているそうです…!!、エルたんは、「ザ・リトル・マーメイド」の主演を辞退した経緯があるので、何だかチグハグな感じですが、めぐり巡って、2大美少女スターのクロエとエルたんの両方の主演作をつくれるかもしれないチャンスに恵まれたのは、ラッキーですね…!!、ただし、両方の映画ともに脚本が完成していないので、具体的な製作スケジュールなどは未定です。クロエとエルたんの続報を共にお楽しみに…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ドリームワークス・アニメの人気シリーズ最新作カンフー・パンダ 3新しい予告編をリリース ! !



1940年代の赤狩りで迫害された名脚本家の役に扮した伝記映画「トランボ」(北米公開中)の演技で、来春の第88回アカデミー賞の最優秀主演男優賞にノミネートされる可能性が高いブライアン・クランストンが声を担当してくれた父ちゃんパンダ、リーとの再会を果たし、生まれ故郷のパンダ・パラダイスに里帰りをした喜びも束の間、邪悪な古代の魂のカイ(J・K・シモンズ)が復活を遂げたことから、軍団を結成するべく、呑気なパンダたちにカンフーを伝授するハメに…!!といった展開で、ジャック・ブラックが声の当たり役のポーが指導者のカンフー・マスターとしての成長を志す第3弾は、新年と言っても、来月の2016年1月29日から全米公開!!、監督は、前作(2011年)から引き続きのジェニファー・ユー監督と、その前作の絵コンテを担当したアレッサンドロ・カルローニが共同でつとめています!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA