**************************************************************************************************


長いおつきあいの常連のCIAリーダーの方の中には、“ キャラクター・ポスターをまとめて、リリース ” という見出しの “ まとめて ” をご覧になって、ワーナー・ブラザースと言えば、複数のポスター・シリーズを毎日1枚ずつ、ちまちまとリリースする連投につぐ連投の大連投がお家芸?!だったはずなのに、まとめて同時にリリースか…と、同社の宣伝方針の転換?!に感心をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、それにしても、肝心のヒーローたちのクールな勇姿のうえに、それぞれのシンボル・マークをデカデカと重ねるのは、やめてほしかったかもしれませんね…。








前売りだけで、大台の1億ドルを突破してしまったチケット争奪戦?!からして、これまでの興業の常識を覆すような超ド級のモンスター・メガヒットが期待される「スター・ウォーズ: ザ・フォース・アウェイクンズ」(12月18日世界公開)が、ついにプレミア上映!!の話題に便乗するべく?!、上 ↑ のビデオをリリースするも、完璧に無視をされてしまったザック・スナイダー監督のコミックヒーロー映画「バットマンVスーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」の新しいキャラクター・ポスターです…!!


ベン・アフレック監督が新たに演じるバットマンと、「マン・オブ・スティール」(2013年)から引き続き、スーパーマンに扮するヘンリー・カヴィルに加えて、「ワイルド・スピード」シリーズで注目を集めたガル・ガドットを大抜擢したワンダーウーマンのポスターまで、あわせて披露されたわけですが、ちょうど2週間前の木曜日(12月3日)にリリースされた新しい予告編でも、ダークナイトの窮地に登場したダイアナ・プリンスが、男性のヒーロー2人を食う存在感を発揮していただけに、「バットマンVスーパーマン」というタイトルは、よい意味で偽りになってしまうのかもしれませんね!!


ご覧の3大ヒーローのみならず、レイ・フィッシャーを抜擢したサイボーグ、ジェイソン・モモアのアクアマンに加えて、ジェナ・マローンバットガール、もしくは、オラクルとして登場するかもしれないことを踏まえると、いずれ、やっぱり、キャラクター・ポスターの連投に次ぐ連投の大連投は始めそうなワーナー・ブラザースのコミックヒーロー映画「バットマンVスーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」は、来春2016年3月25日から全米公開!!、共演者として、マーク・ザッカーバーグが、悪役のレックス・ルーサーに起用されたほか、「マン・オブ・スティール」から引き続き、出演のプリンセス・エイミー・アダムス、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーンに加えて、新たにホリー・ハンター、ジェレミー・アイアンズ、そして、「ザ・ウルヴァリン」(2013年)の岡本多緒らが参戦しています…!!


Fearing the actions of a god-like Super Hero left unchecked, Gotham City’s own formidable, forceful vigilante takes on Metropolis’s most revered, modern-day savior, while the world wrestles with what sort of hero it really needs. And with Batman and Superman at war with one another, a new threat quickly arises, putting mankind in greater danger than it’s ever known before.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA