**************************************************************************************************


「ザ・ウォーキング・デッド」で、リビング・デッドを相手にするのは慣れているマギーが、その死者とは言え、そもそも人間だけに動くのも理解できなくはないゾンビとは勝手の違うリビング・ドールに恐怖をすることになるホラー映画の最新作です…!!








悪魔払いのエクソシズムを題材にしたオカルト・ホラー「ザ・デビル・インサイド」(2012年)のウィリアム・ブレント・ベル監督が、ゾンビ・ドラマ「ザ・ウォーキング・デッド」のマギーとして人気のローレン・コーハンを主演に起用した最新作「ザ・ボーイ」の予告編を、配給のSTX エンタテインメントが初公開したので、お気軽にお楽しみください…!!


グッドガイ人形とは名ばかりのチャッキーが悪さをしまくる「チャイルド・プレイ」シリーズや、怖すぎる実話ホラー「ザ・カンジュアリング」(2013年)の前日譚という体裁のスピンオフ「アナベル」(2014年)などと同様に、呪われた人形の不気味を描いた「ザ・ボーイ」で、ローレン・コーハンが演じている主人公のアメリカ人女性、グレタは、異国イギリスの田舎町にある屋敷に住み込んで、8歳の男の子の面倒を看る保育士のナニーの仕事にありつくのですが、いざ紹介をされた子守りのお相手は、ただの人形だった…!!…という想定外の発端から…、


しかし、実は20年前に死んだ息子の身代わりとして、磁器の人形の世話をすることで、悲しみを埋めてきたらしい老夫婦の気持ちを汲んだグレタは子守りを引き受けてしまうのだったが、いかんせん、相手がしょせん、人形だけに、徹底を求められた育児のルールを軽んじて、決まり事を破ってしまい、恐ろしい事態を招くことに…!!


共演者として、「ザ・ベスト・エキゾチック・マリゴールド・ホテル」シリーズのダイアナ・ハードキャッスル、「縞模様のパジャマの少年」(2008年)などのジム・ノートン、「ヘルボーイ」(2004年)のルパート・エヴァンスが集った「ザ・ボーイ」は、来年2016年1月22日から全米公開!!、まぁ、他愛のないベタなホラー映画のような感じですね…!!

Greta (Cohan) is a young American woman who takes a job as a nanny in a remote English village, only to discover that the family’s 8-year-old is a life-sized doll that the parents care for just like a real boy, as a way to cope with the death of their actual son 20 years prior. After violating a list of strict rules, a series of disturbing and inexplicable events bring Greta’s worst nightmare to life, leading her to believe that the doll is actually alive.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA