************************************************* このCIA★こちら映画中央情報局ですは、2017年4月1日に、コチラの CIA Movie News に移転しました!! *************************************************


お互いをドクとマーティと呼び合う謎のタイムトラベラーのコンビは、“ スマホ ” という超小型のスーパーコンピューターを誰もがポケットに所有しながら、それを使って、自分で自分の写真を撮る “ セルフィー ” といった自惚れや、お互いに絵文字を送信しあったりなどの無駄なことにしか使い道を見い出せていない未来人、つまり、現代人の私たちに対して、ガッカリしてしまいました…!!







現地ハリウッドのエル・キャピタン・シアターでは昨夜の10月21日(水)に、人気タレントのジミー・キンメルが冠番組のトーク・ショー「ジミー・キンメル・ライブ」を放送の真っ最中、本来は同じカリフォルニア州のヒルバレーに到着するつもりだったらしい謎の男性コンビが、自動車のデロリアンを改造したタイムマシンに乗って、いきなり現われ、現実にタイムトラベラーが存在している事実が、あろうことか、テレビ放送を通じて、あからさまとなり、その驚異のテクノロジーへのショックと、時間旅行のミラクルに歓喜の感激が全米を駆け抜けました…!!


30年前の1985年からやって来たという謎のコンビのうち、高齢のドクは、その過去において、絶大な人気のトーク番組の司会者ジョニー・カーソンが、すでに2005年に亡くなり、ジミー・キンメルという見知らぬ人物が、故人に代わるような存在であるらしいことに違和感を覚えたばかりか、空飛ぶ自動車による移動が実現していない科学の進歩の体たらく、現実にはホバーボードと呼ぶに値しないようなものが、堂々とホバーボードを名乗っているインチキに驚き、マーティと名乗る若い方の男性は、“ だったら、一体、あんたらは30年の間、何をやっていたんだ…?! ” という質問を、未来人、すなわち、現代人のジミーに投げかけ、ドーナツとクロワッサンが合体したクロナッツという発明の偉業こそ、われわれ現代人が成し得たことを引き出しましたが…、


どうやら、そうした現在の状況からして、自分たちがたどり着いた2015年10月21日は、彼らが目指していた目的地の本当の2015年10月21日ではなく、人々が無駄な発明にばかりかまけた結果、人類の進歩と世界の発展が止まってしまったらしいパラレルワールドだと気づいたドクは、この誤まった未来の世界を正して、あるべき姿に戻し、私たちを救済するべく、さらならタイムトラベルへと旅立ってくれました…!!

果して、ドクの果敢な努力が実を結び、アホらしい現代が、ちょっとはマシに変化するのか…?!、もしも、明日の朝、目覚めて、自動車が空を飛んでいたとしたなら、それはこの謎のタイムトラベラーたちのおかげですね…!!、ドクとマーティのふたりが世界を変えてくれるかもしれない活躍に期待しておきましょう…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA