**************************************************************************************************


過激アクション映画のカルト作「ジョン・ウィック」(2014年)で、キアヌ・リーブスが演じたタイトルロールの元殺し屋は、自分の愛犬を殺されたリベンジとして、約96分間の映画の中で、いったい、何人をあの世に送ったのか…?!、その驚くべき死体の数をカウントしてみたネタバレのビデオを今春2月に紹介するのにあわせ、チラとふれておいた続篇の製作が現実に進展し、いよいよ今秋に撮影を開始する予定を、製作プロダクションのサンダー・ロード・ピクチャーズがプレス発表してくれました…!!、第1弾に引き続き、デレク・コルスタッドが脚本を執筆し、チャド・スタエルスキとデヴィッド・リーチの監督コンビがメガホンを取るというだけで、実際の映画の内容は不明の続篇ですが、ともにベテラン・スタントマンの監督コンビは、どれだけアクションの仕掛けがすごくても、主人公を演じる俳優にカリスマ性がなければ元も子もない…と語っているだけに、もちろん、キアヌ・リーブスが再び、引き金を引きまくってくれることになります…!!、わずか2,000万ドルの製作費に対して、全世界の映画館の興行で約7,874万ドルを売り上げ、DVD / Blu-ray などの二次市場で、約3,700万ドル以上を稼いだことから、トータルで大台の1億ドルを超えたカルト作のアクションが、さらにどれだけスケールを増すことになるのか?!、「ジョン・ウィック 2」の続報をお楽しみに!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


オデイア・ラッシュちゃん最新作のジュブナイル・ホラー映画グースバンプス巨大カマキリと遭遇する本編シーンのアクション・クリップをリリース ! !



“ 子どもたちのスティーヴン・キング ” と言われる人気作家の原作者、R・L・スタインの役に扮したジャック・ブラックの創造力が生んだモンスターたちが、著書の行間から現実に飛び出して、田舎町を混乱に陥れてしまうジュブナイル・ホラー映画「グースバンプス」を、来月10月16日から全米で公開するソニピが披露してくれた本編シーンです!!、父の生んだモンスターたちの捕獲に乗り出すヒロインの娘ハンナは、「ザ・ギヴァー: 記憶を注ぐ者」(2014年)などのオデイア・ラッシュちゃん!!、メガホンをとったのは、「ガリバー旅行記」(2010年)で、ジャック・ブラックと組んだ間柄のロブ・レターマン監督です…!!、あわせて、コチラで予告編をご覧ください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA