**************************************************************************************************


宇宙で強大な勢力を振るうアブラサクス王朝が、永遠に生き長らえることのできる若さの素の血清を作りだすため、種の変異を期待して、遺伝子を種付けした実験場が、どうやら、みなさんがお住まいの地球だったようです…!!








本来であれば、今夏のサマームービーの目玉映画の1本として、もう、とっくに封切られているはずだったのが、予告編をご覧になれば、おわかり頂けるように膨大な量の VFX の仕上げがとうてい間に合わず、全米公開を来年2015年2月6日に先送りするしかなくなった「ジュピター・アセンディング」の宣伝プロモーションを、どうやら、ワーナー・ブラザースがあらためて再開するようで、仕切り直し後の第1弾となる新しい予告編と、トップ ↑ にアゲたポスターをあわせて、リリースしてくれました…!!


どうせ妊腹により、満足な宣伝活動ができそうにない事情を踏まえると、公開延期は都合がよかったかもしれないミラ・クニスと、チャニング・テイタムが主演がつとめる「ジュピター・アセンディング」はこれまで、大都会シカゴの片隅で、ささやかな暮らしを営んでいるミラ・クニスの清掃員 ジュピター・ジョーンズが、実は全宇宙を治める女王の後継者になる遺伝子を持った高潔な身分の女性だった…!!という突拍子もない展開から、陰謀で命を狙われることになったジュピターの身を、チャニング・テイタムの遺伝子改造された人狼のケインが警護することに…!!といった風に紹介してきましたが、上 ↑ の新しい予告編によれば、実際の映画のストーリーはさらに込み入っていたようで…、


アブラサクス王朝の女王が亡くなり、玉座を継ぐ権利を持った3人の子どもたちの後継者争いに、ミラ・クニスのジュピターが巻き込まれ、冒頭のように遺伝子実験場の地球を相続する立場にいるのがジュピターであったことから、長男のバレムが、ジュピターを亡き者にするべく、陰謀を画策する…!!といった事情が絡んでくるようです…!!


アブラサクス王朝の3人の後継者として、悪役の長男を演じているのは、「レ・ミゼラブル」(2012年)のエディ・レッドメイン。残りのふたりは、「ジ・イミテーション・ゲーム」(北米11月21日限定公開)のタペンス・ミドルトンと、「ノア」(2014年)のダグラス・ブース。その他のキャストは、ウォシャウスキー監督コンビの前作「クラウド・アトラス」(2012年)から引き続き起用されたペ・ドゥナとジェームズ・ダーシー、そして、テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のショーン・ビーンといった顔ぶれです…!!


代表作の「マトリックス」トリロジー以降、興業的には失敗続きのウォシャウスキー監督コンビは、ようやく、復活を果たすことができそうか…?!、「ジュピター・アセンディング」の新しい予告編をご覧になって、CIAリーダーのみなさんは、どのような予感をお持ちになられたでしょう…?!

From the streets of Chicago to the far-flung galaxies whirling through space, “Jupiter Ascending” tells the story of Jupiter Jones (Mila Kunis), who was born under a night sky, with signs predicting she was destined for great things. Now grown, Jupiter dreams of the stars but wakes up to the cold reality of a job cleaning other people’s houses and an endless run of bad breaks. Only when Caine (Channing Tatum), a genetically engineered ex-military hunter, arrives on Earth to track her down does Jupiter begin to glimpse the fate that has been waiting for her all along—her genetic signature marks her as next in line for an extraordinary inheritance that could alter the balance of the cosmos.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA