**************************************************************************************************


当初に名前があげられていたヴィゴ・モーテンセンではなくて、その名優と「イースタン・プロミス」(2007年)で共演した間柄のヴァンサン・カッセルが起用されることになりました…!!




シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」(2002年)のクライヴ・オーウェン、続篇「スプレマシー」(2004年)のカール・アーバン、そして、旧トリロジー完結編の「アルティメイタム」(2007年)では、エドガー・ラミレスが起用された刺客たちに相当する悪役の暗殺者として、冒頭のクライム映画のほか、「オーシャンズ」シリーズや、「ブラック・スワン」(2010年)などのハリウッド映画でも知られるフランス映画界の名優ヴァンサン・カッセルの「ボーン 5」参戦が正式に決定したニュースを、Variety のジャスティン・クロールが独占レポートとして伝えてくれました…!!

今週いよいよ撮影開始の「ボーン 5」については、先週末の土曜日(8月29日)に、約8年ぶりにシリーズ復帰を果たすマット・デイモンの抱負のコメントとして…、

“ 緊縮経済で、つぎはぎだらけのヨーロッパと、スノーデン後の世界をめぐることになる。 ”
…という物語の背景をお伝えしましたが、その経済危機のギリシャから物語が始まり、グロテスクな欲望の権化としてのラスベガスで、クライマックスを迎えることになるらしい最新作で、ヴァンサン・カッセルが具体的に、どういう風に、マット・デイモンのジェイソン・ボーンと敵対することになるのか…?!といった詳細までは不明ですが、恐らくは主な舞台になりそうなヨーロッパを出身地とするキャラクターに違いないのは、その風貌が買われたのであろうことからも確実そうですね…!!

前述の2作品「スプレマシー」と「アルティメイタム」を手がけた名コンビのポール・グリーングラス監督がメガホンをとらない限り、シリーズ復帰はあり得ないというマット・デイモンの要望に応じて、同監督が手がける最新作「ボーン 5」は、来年2016年7月29日から全米公開!!共演者として、新ヒロインに抜擢されたのは、名演技の一端を披露してくれた「ザ・デニッシュ・ガール」(北米11月27日限定公開)の予告編を本日お先に紹介したアリシア・ヴィキャンデル!!、さらに名優トミー・リー・ジョーンズが、CIAの大物幹部として登場するほか、レギュラー・キャストのジュリア・スタイルズの復帰も決定しています…!!、「ボーン5」の続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA